組立ててみた

昨日アマゾンから届いたワンタッチテントを組み立ててみた~

実家の無駄に広い屋上でトライしたかったけど生憎の強風だったので、急遽室内での
組立と相成りました~

専用バッグに収納されている状態です~ 果たして組立から再びこの小さな袋にたたんで
仕舞えるかも重要なポイントです~
P1030705.jpg

専用バッグの中にはテント本体・トップシート・室内用メッシュシート・ペグ・ストームロープが
収納されています
P1030706.jpg

これから組立しま~す センターポールを立てて・・・
P1030707.jpg
折りたたみ傘の要領で骨を伸ばします・・・
P1030708.jpg
こんな感じになっているので可動はスムーズです~
P1030710.jpg
次にこのヒモを引っ張ります~
P1030711.jpg
ここの関節部分も羽パパの肩より動きはスムーズでしたよ~
P1030712.jpg

しゅっ!と一瞬です~
P1030713.jpg
コメントには「けっこう力が必要なので組立に難儀した~」というものもありましたが
ボルゾイが曳ければ大丈夫ですよ~ スプリンガーでも平気~

それでもど~しても私は非力~とおっしゃる方には矢印の部分を押しても組立可能ですが
手を挟まないようにして下さいナ・・・
P1030714.jpg
トップシートのフックはこの部分に外側から引っ掛けます
P1030715.jpg
こんな感じになります・・・
P1030716.jpg
通気性は十分だと思いますが、強風に耐えられるか?・・・まあ値段が値段ですから
P1030717.jpg
入口はD形の入り口で内外から開閉可能・・・上部の通気窓はテント内からの開閉のみ~
P1030718.jpg
テント内にはポケットが付いています・・・左右1こずつ
P1030720.jpg
室内からのファスナーの操作もスムーズ~
P1030721.jpg
上部の通気窓のファスナーの可動もスムーズでしたよ
P1030722.jpg
反対側のメッシュ通気窓は何故か外側からしか開閉できませ~ん
P1030723.jpg
まあ雨水侵入対策でしょうけど・・・コスパを考えると仕方ない

閉めたところと・・・
P1030724.jpg
開けたところ・・・
P1030725.jpg
室内に付属のメッシュカバーを取り付けた写真・・・
P1030726.jpg
ランタンなどを乗せる場所だと思うけど骨組みの強度を考えると乗せられるのは
スノーピークのたねほおずき程度かなぁ~ スマホかなぁ~
ランタンフックらしきものはちゃ~んとあります
P1030727.jpg
クマ課長に入ってみてもらいました・・・
P1030728.jpg

畳むときには矢印シールの部分を下方に押すとパチンと外れます~
P1030730.jpg

骨組みを折りたたみますが、爪を外してから折りたたみます・・・動きはスムーズです
[広告] VPS

イライラせずに何回か練習しましょうね~
P1030733.jpg
汗かきまっせ~
P1030738.jpg
でも大丈夫!しまえたぜ!パンパンだけどね!
P1030740.jpg

果たして買ってよかったか?・・・よかったと思う

大人2人は十分に寝られるし、羽パパとプルちゃんが添い寝するにも十分!

難点は?
やっぱり結露は心配・・・でも春キャンプなら大丈夫かも?
それとマットは絶対必要! 電源有りサイトなら電気カーペット一畳用入れちゃえば暖房は十分な気がする

女性に注意してほしいのは、オレンジの部分は夜間にテント内でランタンを点灯するとシルエットが映るかもしれない・・・

それとペグ打ち用の穴はあるけど硬質プラスチックなのでハンマーで割れるかもよ!
穴にテント用ロープを通して輪ゴムくらいのリングを作って、ヒモにペグ打ちした方がいいと思う
P1030731.jpg
付属のペグもひ弱で地面が硬いと曲がるような代物なので、スチールペグを最低4本は用意して
おいた方がいいでしょう~ ハンマーは知り合いが一緒なら借りてもいいかもよ!

まあどっちにしろ強風の環境でのキャンプには無理でしょうね~

以上、組立ててみた・・・でした

あっ!それと羽パパの実家の無駄に広い屋上・・・本当は無いんじゃないの?なんて思ってる?
P1030741.jpg
先代ボルゾイアドニスと暮し、遊んだ思い出の無駄に広い屋上であります




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する