認定書が届いた

1月19日 (木)

1級愛玩動物飼養管理士の認定書が届いた
P1030625.jpg

愛玩動物飼養管理士は1981年に総理府の指導助言のもとに始まった民間資格で
次のように定義されているようです

愛玩動物飼養管理士とは、動物の愛護及び管理に関する法律の趣旨に基づき、
愛玩動物の愛護及び適正飼養管理の普及啓発活動などを行うために必要な知識
・技能を公益社団法人日本愛玩動物協会の通信教育によって体系的に修め、所定の
試験に合格し、協会より認定登録された者で、動物の愛護及び管理に関する法律及び
その他の関係法令をよく理解し、その運用に関し国及び地方公共団体に協力して前述の
活動を行うよう努めなければならない

・・・とはありますが、羽パパは自分の家に住んでいる犬たちの事をもっと知りたい
  そして、知識が深ければもっと幸せに出来るかもしれない
  そして、子供のころからずっと犬がいる生活をしてきた中で、いつか犬たちに
  恩返しがしたい・・・それには認められる知識を深めなくてはならないと思って
  勉強しました

こんなふうに・・・

自分が年老いたら新しい命を迎えるのは難しいかもしれない・・・
ならば役目を終えた使役犬などの余生の責任を受け持ってもいいかもしれない 
犬たちに恩返ししたい それには認められる知識を深めなくてはならない・・・と

飼養管理(病気や寄生中、共通感染症)で学ぶ動物は犬・猫・うさぎ・ハムスター・モルモット
・フェレット・チンチラ・鳥類・ヘビ・トカゲ・カメです

2級は18歳以上であればだれでも受験できます こんなことを学びます

2級に合格すると動物取扱業者「販売・貸出・訓練・展示・保管」の実務経験相当の動物取扱責任者
の資格を得ることが出来るそうです

2級第一巻
第1編 愛玩動物飼養管理士の社会活動
第2編 動物愛護論Ⅰ
第3編 人と動物の関係学 
第4編 動物関係法令概説 

2級第二巻
第5編 動物のからだの仕組みと働き
第6編 動物の飼養管理
第7編 動物のしつけ

申込みするとテキスト2巻とDVD2巻・そして課題問題が送られてきます。
ここから10ヶ月の通信教育が始まります・・・
7~8月の1日のスクーリング必修で、欠席すると受験資格が失効します
スクーリングは最寄りの開催都道府県を希望することが出来ます
羽パパは飯田橋のレインボーホールでした・・・受験希望者の9割近くが女性なので
ドキドキしちゃいましたよ・・・

2級の課題問題は127問で五択ですが、試験問題には課題問題の変化球が出題されるので
なぜ正解か?なぜ間違いか?まで調べて覚えるので問題数は635問ですね

理系の羽パパは法規で苦労しました・・・第二条第四項による(第三項と同じ)なんて
書いてあると理解に苦しむ理系頭

課題問題を提出期日までに提出して回答が返って来てから答え合わせ・・・

羽パパは全問正答だったので成績一位だった・・・

10か月間でスクーリングと課題問題だけがイベントなので、とても孤独です・・・

試験会場は羽パパの場合は明治大学でした・・・非常に厳格な雰囲気を覚えています

問題数は2級は60問・75分で試験問題は持ち帰り出来ません・・・合格ラインは80点ですが
得点と問題・正答が公表されないので、もしも不正解があっても気付かずに合格してしまいます

羽パパは合格はしましたが、いまだに1問間違えたんじゃないかな?と思う問題があり、
その制度にちょっと不満です

1級の受験資格は2級愛玩動物飼養管理士であることと、日本愛玩動物協会の会員であること
です・・・

2級の後悔が無いようにパーフェクト100点満点を目指します・・・

受験方法は2級と同じで、スクーリング会場は希望通り飯田橋レインボーホール・・・

1級はこんなことを学びます・・・

1級第一巻
第1編 動物愛護論Ⅱ
第2編 動物関係法令
第3編 動物の行動と社会
第4編 犬と猫の栄養学 

1級第二巻 
第5編 動物の遺伝と繁殖生理
第6編 動物の疾病とその予防
第7編 動物の飼養管理と公衆衛生
第8編 自然と人間

そしてまた孤独な勉強・・・1級課題問題は136問の五択なので680問を理解します

1級の試験会場は大正大学でした・・・試験問題は65問

今回の試験はパーフェクトの自信あり

学ぶたびに犬に対する姿勢は少しずつ変化するのがわかりました・・・

今まで犬に触れて舐められても手も洗わなかったのに、共通感染症や寄生中の勉強を
してからは石鹸で手を洗うようになった

確かに犬たちへの視野が変わったかもしれません

でも犬たちは少しも変わりません・・・

犬たちにとっては普通の行動である「吠える・飛びつく」などの行動でも、人が迷惑と感じる行動は
問題行動と呼ばれる

飼い主が勉強したからって問題児ジャスティスは少しも変わりません・・・

人間にも覚える能力よりも教える能力が必要のようですね・・・そう感じる羽パパです

たかが民間資格とおっしゃる方もいることでしょう・・・でも動物資格は獣医師以外は全て
民間資格だったと思います

羽パパさん、ただいま「ペット介護士」受験中です 目的は自身のボケ防止です
スポンサーサイト
コメント

No title

凄い〜〜勉強家な羽パパ!
尊敬しちゃう!!

一級の第5編の繁殖のところが読みたいです!

Re:かりんこさん

褒められた~嬉しい~(笑)
こんなふうに・・・は本心です~

AAもAaもaaも分からなかった羽パパさんだったので、遺伝はすごく興味があました
でも専門的に遺伝にかかわる資格ではないので、DNAとか塩基とか常染色体とか
哺乳類と鳥類の性染色体の違いとかメンデルの遺伝法則などの高校生物で習った
ような勉強と、少し専門的な常染色体優性遺伝形質、常染色体劣勢遺伝形質に
X染色体連鎖性劣勢遺伝形質の説明
血液型の遺伝とか犬猫の血液型、遺伝病は予防できるか?(ダブルマールなど)
の説明とその他の遺伝病・・・

かりんこが疾うに知っているような知識ですよ~

でも動物の仕事に携わっていないので忘れちゃった(笑)

今覚えているのは・・・うさぎの妊娠期間、ハムスターの性周期とか~
げっ歯類の歯の本数(笑)
なんでそんなのは忘れないんだろうね~(笑)

今は介護士に向けてプルちゃんで大型犬の保定の練習してます。
ぜんぜん嫌がらないからプルちゃんは楽だよ~
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する