2014秋のドッグショー

11月23日 (日)

パナシュの秋のドッグショーの季節が始まりました・・・

今日は千葉市にある昭和の森公園で開催される東京北ウィンズボルゾイクラブ展で
チャンピオンクラスで初陣するパナシュ・・・

深夜2時に所沢を出発して午前4時に駐車場入り口で待機・・・

羽パパの車の後ろには、今日ドッグショーデビューのジークが乗った車が待機します・・・

夜明け前の午前5時に会場に隣接する指定の駐車場に車を停めます・・・


午前8時からのボルゾイの審査を前に、今日出陳する犬達を、かりんこさんが手際よく
グルーミングしてくれます・・・
パナシュを終えて生まれて初めてトリミング台に乗ったジークは緊張気味に台に乗って
じっと我慢しています・・・

ドキドキしてますよ~・・・と、言いながらも同じく今日がオーナーハンドラーデビューの
Hちゃんはいつもより少し緊張した表情でリンクの横で出番を待っています・・・
2014.11.23 022-1
ジーク(3頭目)は見事にピックアップされて、最後までリンクに立ち続けました・・・


かっこよかったよ~

羽家もパナシュからドッグショーデビューしたけど、最初はこんなに細いショーリードで
力の強いパナシュは引きちぎって逃げないかな~なんて心配しました
ところがそんな心配は無用でした・・・ハンドラーの羽ママとの信頼関係が生まれて
悔しいくらい羽ママの言うことを理解して、一番呼びの効く犬に成長したのです

その時に羽パパは思いましたよ・・・こんな頼りないショーリードだけど、
犬とハンドラーの目に見えない絆が、リードを太くしているんだな~と・・・

これからも頑張って下さいね~ 応援しています!


ところで相変わらずショー嫌いのパナシュですが、ショーの直前に左前脚を引きずって
歩いていることに気が付きました・・・数日前から彼自身少し気にしていたのですが、
ショー嫌いのパナシュの気持ちが痛さを助長しているように見えました
2014.11.23 009
2014.11.23 019
出番を待つパナシュはなんとなく不安そうです・・・
2014.11.23 021-1
羽ママの持つ不安感をパナシュは感じているようです・・・

案の定、パナシュは触審さえも嫌い、退場にはならなかたものの残念なチャンピオンクラス
デビューとなりました・・・
2014.11.23 034-1

2014.11.23 029-1
パナシュの待ち時間に飾り毛や尻尾に付いた落ち葉や芝をブラッシングして下さった
ジークママさんありがとうございました
2014.11.23 033-1

そして、午後に同じ場所で開催される東京南ショードッグクラブ展は出陳を諦めました・・・

羽ママはショーが終わってからも、パナシュの歩様を気にしています・・・

ショーの前に彼女は1泊のハンドリング講習で自分が練習した成果を試したい・・・と言っていました

5月にチャンピオン完成した頃は、毎晩のようにパナシュと走って練習していました・・・

彼はコーシングは大好きですが、リードに繋がれて走るのが嫌いな犬です・・・

はたしてパナシュのショーリードは絆で太くなっていたのでしょうか?

パナシュのショーはもう何回でもありません・・・羽ママとパナシュに激励の気持ちを込めて




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する