犬と羽ママ抜きの休日

11月16日 (日)

先日、会社の取引先のN所長と酒を飲む機会があって、その彼とは初めて仕事以外の
プラーベートの話をしました・・・

僕、来年の1月に結婚するんですよ!・・・と、弾んだ声でN君が言う

そうか!~ おめでとう!・・・仕事も大切だけど嫁さん大事にしてやれよ!

はい! 今僕が住んでいるところは嫁さんの職場まで遠いいので、ちょうど中間辺りの○○市に
引っ越したんですよ・・・

そして趣味の話で話がさらに盛り上がった・・・

最近 僕、釣りを始めたんです!・・・と、N君

どうやら羽パパの仕事仲間で後輩でもあり友人でもあるS君に仕込まれているようなのだ・・・

そのS君は海釣りから河川・湖の釣りまでそつ無くこなすオールラウンドプレイヤーで、
その腕前も上級クラスである・・・

今度、16日の日曜日に釣りに行くんですが一緒に行きませんか?・・・と、N君

羽パパは二つ返事でお誘いを受けることにしたのでした・・・


いよいよ明後日にその16日はやって来るのですが、S君からメールが届きました・・・

N所長は本日の辞令で転勤が決まりましたので、16日は欠席になるようです・・・

結婚を機に引越しを済ませた矢先の転勤とは・・・サラリーマンの宿命とは言え痺れる


・・・そんな彼のことも知らずに明後日がやって来て、そんな彼のことを忘れたように
午前4時に犬達に悟られないように駐車場から車を出した羽パパなのです

なんせ家の犬達は車のリモコンキーがピピッと鳴っただけでガバッと起き上って騒ぎ出すのです

圏央道八王子JCTから中央道へ・・・渋滞も無く犬抜き羽ママ抜きのドライブは快適であります

順調過ぎて約束の時間に余裕があるので、1992年に下り線が高井戸寄りに移設されてから
初めて談合坂SAに寄り道・・・
フードコートのラーメンや蕎麦の値段の高さに驚きながらも、おみやげのほうとうと信玄餅を
買って時間調整を終えて出発・・・
サービスエリアが広すぎて本線が何処にあるかわからなかったのは御笑い種であります

大月JCTから河口湖方面に向かい、都留ICで高速を下りて数年振りに走る懐かしい道・・・

そして予定通り午前6時20分に本日の釣り場である管理釣り場フィッシュオン!鹿留(ししどめ)に
到着したのであります
2014.11.16 008
正式にはベリーパーク・フィッシュオン鹿留なんだそうで、釣り具の中古買い取り・販売大手の
タックルベリーがプロデュースを始めて改名、羽パパはそうなってから初の釣行です

2014.11.16 007-1
虹鱒を中心としたルアー・フライエリア、子供まで楽しめる餌釣りエリア、そして岩魚、山女魚も
狙えるネイティブエリア、その他にバーベキューやキャンプを楽しめるエリアや宿泊施設も
完備されています

気温は1度ですが日差しは暖かくて震えるほどではありませんでした・・・
2014.11.16 009
S君たちが到着するまで、池(鹿留湖)を視察・・・

かつては「日本一釣れる管理釣り場」そんな噂もあった鹿留ですが、気温の低下が原因か?
土曜日に叩かれてプレッシャーが高くなっているのか?かなり渋いようです・・・
しばらく様子を見ていても竿を絞る釣り人はいませんでした・・・

ならばっ!と、羽パパも竿を振ってみましたが・・・

7時頃にS君と、今日一緒に釣りを楽しむK君とM君が到着しました・・・

S君の話では湖も厳しいけど川はもっとシビアなんだそうで、M君が初心者なので
湖で釣るとのこと・・・
2014.11.16 012
景色もいいし、いいんじゃない?

それじゃあそこでやる? とりあえずフライでもバック取れるし・・・と、羽パパが言うと

フライやるんですか?・・・と、S君がすぐに乗って来た

バック取れるとは・・・フライ釣りはライン(フライ専用の糸のようなもの)の重さで釣り針を
遠くに飛ばすので、ラインを伸ばしながら前後に大きく竿を振ります 
だから後ろに障害物があるとラインが障害物に引っかかったり、ラインを傷つけることに
なってしまうのです・・・

うん!ドライフライ・・・ドライフライとはカゲロウの成虫などを模したフライで水に浮くフライのとこ

いわゆるサイトフィッシングで、水面に浮くフライに飛びついてくる魚を見るとワクワクする


でも、水面に浮く昆虫を食べている魚たちを見ると、5ミリあるかないか位のユスリカの一種を
食べているようで、老眼の羽パパにはその小さな釣り針に糸を結びつける方が至難の業だ・・・

魚たちが捕食しているよりも大きなドライフライで何匹かの魚を仕留めて満足な羽パパ・・・
2014.11.16 014
何年もリールにラインが巻きっぱなしだったので、ラインにパーマかかっちゃって可笑しい・・・

次はルアー・・・この日のために仕入れたルアーを試してみる

投げてから5~8カウントでスローで巻くのがいいみたいだけど、当りが続かない・・・
当りとは、魚がルアーに食いつくことや、その時の手に受ける感触を言いますが、
ルアーひと筋のK君は、さすがに何匹か吊り上げながらも今日の魚の状況に苦しんでいます

要するに彼が言うには2.8グラムのスプーン(ルアーの種類)を投げて着水してから、5~8秒
ルアーを沈めてゆっくり引くと当りが多い・・・と言うこと

そんなこと考えずにリールを巻いていると、羽パパのルアーにも虹鱒がかかった・・・

でも当りが続かないのは彼の言う通りで、羽パパは直ぐにスプーン・・・いや、サジを投げた

初心者のM君も初の虹鱒をゲットしてうれしそうだ・・・仕事とちがってみんなニコニコしているが、
技術者のM君の携帯には、後輩から何度か技術相談が掛かって来ていた

羽パパ、ふたたびフライマン・・・この日はたびたびフライマンやルアーマンに変身した

そしてちょっと痩せているが40センチ級の虹鱒をゲット!
2014.11.16 016

午後1時に6匹の虹鱒を今晩の酒のつまみの塩焼きと、明日の酒のつまみの味噌焼き用に
持ち帰り、羽パパは釣りを切り上げることにした

針葉樹が多い山だけどせせらぎに映る紅葉も綺麗だ・・・
2014.11.16 018
羽パパはこの山の杉で花粉症デビューした・・・まだ軽傷だけど

午後2時にまだ頑張るS君たちと別れて帰路に着く・・・ところどころ小さな渋滞はあったけど
午後4時に家に着いた

何処に行ってたんですか?~

犬達が慌てたような様子で出迎えてくれた・・・

少し経って仕事から帰って来た羽ママが・・・プルームなんかず~っと羽パパのこと探してたよ

うんうん、可愛いやつめ・・・

クランプも家や庭を行ったり来たりして探してた・・・

犬と羽ママ抜きの休日も終わり、何時ものように2人と4頭の散歩が始まります・・・


































スポンサーサイト
コメント

こんにちわ

「清瀬さんぽ」のブログで以前、コメントをいただいた、ごんむらおかです。
鹿留の管理釣り場は、釣り好きな夫がよく通っていました(といっても10年前…)。夫が懐かしがっていたのでつい、コメントしちゃいました。
ここの鱒、おいしかったです。
ではまた、ブログ拝見させていただきます。

Re:ごんむらおかさん

コメントありがとうございます~

ご主人もフライをやられるのですよね!
オイカワの口のビーズヘッドですぐわかりましたよ~

私目も10年くらい前はちょくちょく通ってました・・・
もしかしたらご主人と会っていたかも?ですね!


その頃はルアーを引くとやる気のない魚にルアーが当たるくらいに
魚影が濃かったのですが、管理が変わってから放流量は減ったように
感じます。弱って浮いている魚も少ないので気分もいいです。
当時は冬でもドライフライでガンガン釣れるイメージでしたが
この日は、前日に叩かれたのか?かなり辛抱のいる釣りでした。

10年前は人工飼料のペレットで育ったニジマスをどんどん放流していたので
魚も美味しかったですよね~

プレハブのような受付棟でカレーを食べたことがあります。
ちょっと古過ぎますか(笑)

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する