パティシエなうどん屋さん

11月23日 (土)

この場所に手打ちうどんの店があることを知ったのはつい先日のことで、それも農林61号
地粉100%の手打ちうどんと聞いて早速羽ママと二人で食べに行くことにしました~

それに羽ママにはもう一つのお楽しみもあるのです~

店の名前は「まつぼっくり」・・・看板の下の方にはコーヒー・紅茶・ケーキ?
044.jpg
営業中の札が無ければ素通りしてしまいそうだ・・・
045.jpg
ベルク山口店の前の狭い路地を入っても「まつぼっくり」の看板を探すのに苦労しました・・・

058.jpg
店内も押入れがあったりして・・・普通の家の風景
056.jpg
この界隈には自宅を改装した手打ちうどんの店は決して珍しくないのですが、うどんのメニューの
下が気になる・・・自家製洋菓子? そうですこれが羽ママのもう一つのお楽しみ
048.jpg
注文を聞きに来た店の主人もパティシエのようなコック服を着ています
047.jpg
うどんにも相当なこだわりがありそう・・・
話はあとで伺うとして、自慢の肉汁うどんとかき揚げを注文しました

うどんは注文を受けてから茹で始めるようで15分ほどして肉汁うどんと揚げたてのかき揚げが
運ばれてきました
053.jpg
地粉(農林61号)特有の灰色がかったうどんはモチモチとしたコシで噛むと粉の香りが
口の中に広がって超美味しい!
コシの強いうどんを食べると感じる塩味をほとんど感じないのは、通常の割合の半分ほどの塩分で
打たれているからなのだそうだ それにしてもこのモチモチとした食感はクセになる
051.jpg
揚げたてのかき揚げ・・・たまねぎ・長ネギ・にんじん・さつま芋
054.jpg
うどんのつけ汁ももりうどんの汁よりも肉汁うどんの汁は辛めに仕上げているそうです
つけ汁もとても美味しくて思わず飲み干してしまいました・・・

さて・・・これからが羽ママのお楽しみ

生憎、チーズケーキはテイクアウトで売り切れだったのでサバランを注文しました
060.jpg
ケーキ党の羽ママ曰く・・・スポンジもとっても美味しくて懐かしい味なんだそうです~

羽パパはキリマンジャロパフェを注文しました
062.jpg
聳え立つ手作りミルフィーユはバターの香りでサクサク・・・なんだか嬉しい

「別に名前に意味はないんですよ」と言いながら店主がパフェを持ってきてくれた

話を伺うと店主自身がキリマンジャロに2回登頂に成功しているのだそうだ

その後も主人とのおしゃべりを楽しんで、気が付くと疾うに閉店の時間を過ぎていました

今度はチーズケーキ食べに来ますね!と約束して携帯電話の番号を教えてもらった羽パパ&ママです











スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する