優しいプル兄ちゃん

10月9日 (水)

だいぶ回数は減りましたが、今でも時々クランプに唸られるパナシュ・・・

子犬のクランプはどうやらパナシュと遊んでいる時に「怖さ・恐怖」を感じたようで、
何かの拍子にその記憶を思い出して「唸り」という行動に表れるようなのです

その怖さを感じさせるパナシュの行動も、怖いと感じるクランプの行動も分かりつつあるのですが、
「必ず」では無いので手こずっています

パナシュが急に立ち上がった時・・・ パナシュと目が合った時・・・ これは恐怖

パナシュへのライバル心も程々にあるようですが、パナシュも強くなったのでクランプは
パナシュに敵わない・・・そんなジレンマもあるように見られます

平気な時には平気なのです・・・ほんと!犬心は理解に苦しむ・・・

クランプの警戒心のないとろけるような笑顔・・・
2013.10.9 003-1

お腹を見せている相手は・・・
2013.10.9 005-1
パナシュなのです・・・

でもみんなと遊んでいる時のクランプがパナシュを見る顔は本気モード・・・
2013.10.9 009
パナシュが疲れて寝ころぶとクランプは必ずパナシュを見下ろしに来る・・・ライバル心剥き出し
2013.10.9 026
パナシュは素直に弟分に接しているだけなのです・・・

庭で遊んで散歩して・・・ご飯の後にパナシュが立ち上がった時にそれを見たクランプが唸った

パナシュも気にしていない様子に見えるけど、心は傷ついているようなのです・・・

そんな時の彼にとっての良き理解者がプルームなのです・・・

心細いパナシュが普段は許さないプルームの寝床に入って来ても決して怒らないのです・・・
Snapshot_2013_10_9_12_45_34.jpg
パナシュの寝床は上の布団ですが、プル兄ちゃんと一緒に寝ています

Snapshot_2013_10_9_12_46_41.jpg
大物プル兄ちゃんは余裕のヘソ天・・・

Snapshot_2013_10_9_12_48_37.jpg
パナシュは優しいプル兄ちゃんと一緒が安心なのでしょう・・・


ところでご心配いただいております羽パパさんの腰痛ですが、痛み止めを飲みながら安静にして
回復を待っています

今回は痛み止めを飲むと痛みも和らぐので、もう少しで治まると思います

座っていられないので、ゴロンとしながらケーブルテレビで時代劇チャンネルや釣りチャンネルを
見ています










スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する