やっぱりリーダーだった

小雨降る朝ののんびりした散歩・・・羽パパがプルームとマニッシュを曳いて歩く

その後ろに羽ママが曳くパナシュとクランプが続く・・・

年長組とお子ちゃま組・・・パナシュは精神的お子ちゃま

前方に散歩中の犬を見つけると、犬達に悟られないように羽ママに知らせる・・・

「前にゴールデンがいるよ~」以前はその言葉で肩に力が入っていた羽ママも、今では緊張も無く
歩けるので、犬達は気付かないようだ・・・

ところが今日はちょいと様子が違った・・・

そのゴールデンがリードを振り切って、唸りながらこちらに走って来たのだ!

どうやらプルームが標的らしい・・・

それまでボケ~ッとしていたプルームの表情が変わった・・・

プルームは普段は落ち着いて大人しい犬・・・

彼がプロ野球選手なら乱闘シーンでは乱闘の中心から一番遠いい場所でポツンと立っているだけのタイプ・・・

その彼は群れを守るために猛然と立ち向かったのである!・・・時々、羽パパを見る余裕

彼としては「怒られないかなあ~」と、心配していたのでしょう・・・

まあ、売られた喧嘩は買っちゃいなさい・・・と、羽パパ

このような状態でプルームを止めると彼は落ち込んでしまうのです・・・敗北感が滲み出る

それに本気ではなさそうだし

ゴールデンレトリバーとボルゾイでは力の差は歴然としているのですよ・・・

慌ててゴールデンを曳いていた親子が駆け寄ってきたが、自分の飼い犬を制することが出来ない

ようやくリードで曳かれたゴールデンは興奮最高潮!

でもプルームは直ぐに冷静になった・・・自分で興奮を冷ました

その後の散歩の続きでも至って冷静に歩く・・・さすが~プルームを褒めた

注目すべきはあの喧嘩っ早い羽家No2の女親分マニッシュが何もしなかったこと・・・

ボルゾイと暮らしてどんな大型犬にも怯まない彼女に敵う犬は数少ないので実力は相当なハズ

その彼女はプルームがリーダーであることを認めているのだろう・・・余計な手出しはしない

クランプは「ウッ、ウッ」と少し興奮したようですが、羽ママの指示で冷静になったようです。

心配なのはパナシュ・・・興奮してピョンピョン跳ねていたそうな・・・

今朝の彼は散歩の途中でも興奮してクランプに絡み、唸られたばかりなのです。



スポンサーサイト
コメント

No title

随分前の話になるのだけれど。
あの盲導犬になるはずの黒ラブちゃんに
我が家のプードルとチワワ3匹が噛まれたことがあるんですよねええ。。。

リードというよりも 鎖を巻いていた黒ラブちゃんが
飼い主さんを振り切って走ってきて
画ぶりがぶりと・・

プードルに歯型は残りましたが
お出部のデカチワワは少し血が・・・

それでも 逃げた犬を追いかけて
そのまんま居なくなり・・

終わったことがありました。

無事だったからいいけどさあああ・・・・・

Re:ちわわんさん

油断してるとね~ 実は恥ずかしながら羽パパも油断していて
プルームを放してしまったことがあります・・・
ご近所に住むミニチュアダックス3頭を飼うお嬢様に猛ダッシュして
マズルでお嬢様のスカートをヒョイと持ち上げたの・・・

それ以来猛反省して気を付けております!
そのお嬢様のご家族とは毎朝散歩でお会いする仲良しですけどね・・・
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する