ここでしか食べられないと言われると・・・

自転車で十人坂を下り、昨年の12月19日にオープンした所沢市久米にある中国料理 福満楼の
前を通るとこんなメニューが店頭に貼られていた
2013.2.22 001
この手のお店のメニューには怪しい日本語が多い・・・
このメニューも横書きが左から読むので、縦書きの文も左から読ませている

自家製手作り麺つくった肉味噌に本場北京の作り方で・・・は間違い
本場北京の作り方でつくった肉味噌に自家製手作り麺・・・が正しい

最近、街中や街道沿いに中国料理や台湾料理の店が多く出店してますが、福満楼もその系列らしく
オープン当時の全メニュー半額セールの時の盛況ぶりは店内から客が溢れんばかりでした

2013.2.22 009

セールも終わり客足が落ち着いた頃に羽ママと食事をしたのですが、どうやら羽ママの好みでは
なかったらしく、それ以来ご無沙汰だったのです

でも、ここでしか食べられないと書かれると食べたくなるのが人情というもの・・・

ランチは600円台で麺とどんぶり物が食べられるとあって、今でも昼時は盛況な店内に入り
北京名物ジャージャー麺を注文します

ついつい大盛り・・・実は羽パパさん、朝からお腹が痛くて病院に行く途中だったのです

2013.2.22 005
キュウリ・茹でた千切り白菜・茹でたもやし・・・茹でた野菜と麺は温かい

麺は幅が1.5~2センチの平打ち麺・・・コシがあって風味もあって好み
2013.2.22 006

肉味噌は辛みはほとんどなく甜麺醤の甘みと肉、ほのかな八角の香りがします
2013.2.22 007
もう少し辛みがあってもいいかな?~・・・飽きないようにね

このようにして食します
2013.2.22 008

ここでしか食べられない味か?と言われると疑問ですが、お会計の時に「お味はいかがでしたか?」
と聞かれた羽パパは素直に「美味しかった」と答えましたよ~





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する