バリバリラーメン

9月28日 (月)

さてさて羽パパと羽パパのお兄ちゃんはドゥカティ倉さんの運転する高級乗用車で新潟県魚沼市で
楽しく遊んだ帰りに倉さんの知り合いの経営するラーメン屋に案内されたのであります。
知り合いと言うよりもとても親しい仲間という感じでした。

新潟のレポートは長くなりそうなので、改めてご報告させていただきます。

そのラーメン屋の名前は・・・バリバリラーメン
2009.9.28 006埼玉県新座市菅沢1-4-2
℡048-477-4258
営業時間 18~25時
定休日 日曜・第二月曜
HP http://ramen.gnavi.co.jp/shop/ip/g613400n.ntm
倉さんの仲間・・・ということは彼はバイクレーサーである。(店内写真左の男性)
そしてモトクラッチ石川氏とも親しいレーサー仲間と聞いた。石川氏ももちろんレーサーである。
バリバリラーメンバリバリはバイクの排気音である。
店内には鈴鹿四時間耐久レース完走の写真や参加レースの写真が飾られている。

店に入ると倉さんが「モトクラッチでVFR800に乗ってるsimaさん連れて来たからよろしくな!」
と紹介してくれた。(simaはバイク編の羽パパのハンドルネームです)

カウンター中央にはおでん鍋が置かれていてセルフサービス1個100円で会計はお客の自己申告になっている。ラーメンにおでんとは珍しい・・・
写真中央に写っているのは親爺さんで鍋のおでんが減るとカウンター内の別の煮込み鍋から
おでんの具を足してゆく。店の創業者である親爺さんは屋台のラーメン屋さんからの叩き上げで、
おでんはその時代の名残なのだと聞いた。

車の運転は下戸の倉さんにお任せして羽パパと羽パパのお兄ちゃんは・・・
2009.9.28 001はんぺん、ちくわ、こぶ、つくね もちろん隣には・・・
いや~おでんに生ビールは最高ですな!2009.9.28 002とてもよく味の染みたおでんにビールも進み、もう一杯おかわり!おでんのゆで卵もよく煮えていて美味しそう!隣でたまごを美味しそうに食べる羽パパのお兄ちゃんの「半分やろうか」の誘惑に負けずに我慢!無駄にカロリーを気にする諦めの悪い羽パパです。
ラーメンの味付けは醤油ラーメンのみです。
倉さんと羽パパのお兄ちゃんはしょうゆラーメン2009.9.28 003
羽パパはメンマラーメンを注文した。メンマは自慢の自家製である。
おでんのたまごはカロリーを気にしてなんとか我慢した羽パパですが目の前に罠が・・・
ザルの中にはゆで卵が山済みされていて2009.9.28 004これも自己申告 1個50円。

我慢した筈が・・・2009.9.28 005我慢出来ずにトッピング。自分の弱さに悲しくなる・・・
メンマラーメンのメンマもこれほど盛ってあると食べるのが苦痛になるのですが、この自家製メンマは甘味があって柔らかくて美味しいメンマでした。おつまみメンマは往往にしてしょっぱいお店が多いのですが、この味ならば生ビールのおつまみでも美味しく食べられるでしょう。ラーメンスープもさっぱり系で美味しくいただきました。

バリバリラーメン 美味しいラーメンとおでんのお店・・・今度はバイク乗りの羽ママも一緒に!
もちろん運転は羽ママにお願いして、羽パパはおでんと生ビールを楽しむとしましょう。

































スポンサーサイト

街中の狩人

最近では人間の自然への介入によって住処を追われた野生動物が人里に現われて民家に侵入したり、運悪く出くわした人を襲ったりするニュースが頻繁に報道されている。

お互いに被害を与えあうのは感心できる行為ではないが、動物たちの知恵もたいした物で
人間に近付くことによって自分の身を守ったり、人間の作った建造物を上手く利用して
狩りをしている野生動物も居るらしい。
狭山丘陵に住むオオタカも運動場のネットにヒヨドリなどの獲物を追い詰めて狩りをする映像を
テレビで観たことがあるし、高層ビル街に猛禽類のハヤブサが住み着き、繁殖しているという
情報もテレビで放送されていた。


以前、羽パパが庭で缶ビールを飲んでいるときに、いきなり猛禽が飛び降りて来てスズメを捕らえる
ところを目前で見たことがある。羽を広げて捕らえた獲物を奪われまいと羽パパを睨みつけるその眼光の鋭さは忘れる事が出来ないほどの正に野生の眼差しで全身に鳥肌が立つほど恐ろしい目であった。その猛禽は所沢駅の方向に猛スピードで飛んで行き、まもなく見えなくなった。
その後、八国山散策の時にも同じ個体であろうその猛禽を見かけたのだが、何処に飛んで行くのかは分からないままでいた。


話は遠回りしてしまったが、羽パパの住む町でもビルで繁殖する猛禽を見つけたのである。
飛んで行った方向から、恐らく羽パパの庭でスズメを捕らえた猛禽と同一個体だと考えられる。

数日前、羽ママと夕食の買い物の帰りに「キーキー」という甲高い鳥の鳴き声を聞いた。
そのビルの屋上付近を見ると鳩よりも一回りほど大きな鳥が二羽留まっているのが見えた。
どうやら一羽は巣立ち間も無い幼鳥のようだ。明らかに猛禽である。

翌日の朝、羽パパはカメラと双眼鏡を持って再度観察に出掛けた。

被写体が地上30メートル近い高さでは羽パパのデジカメの望遠では残念ながらこれが限界
2009.9.27 004拡大すると2009.9.27 004-1キジバトのような模様であるが頬の部分が白く見え、体形は猛禽類の体形である。
2009.9.27 006尾羽を広げたところを拡大すると2009.9.27 006-1
この後、羽繕いをすると親鳥はこちらを向くことも無く狩りに出掛けてしまった。

2009.9.27 002-1こちらは残された幼鳥。撮影日 9月27日(日曜日) 午前7時40分

チョウゲンボウかな?写真が遠いいので確かな自信が無い羽パパはこの写真を持って
博物館の自然解説委員の方に種類を伺ってみた。N氏は鳥類全般、特に猛禽類はとても詳しい。
写真を見ていただいた結果「チョウゲンボウ」という回答をいただいた。


チョウゲンボウ(長元坊)タカ目ハヤブサ科ハヤブサ属
ユーラシア大陸からアフリカ大陸まで広く分布する。全長35㎝程度で翼を広げると70~80㎝になる。鳴き声は「キイキイキイキイ」と甲高く聞こえる
チョウゲンボウは空中でホバリングして獲物に狙いを定め急降下して捕食する猛禽である。

近年では市街地でもよく見かけるようになった。これは餌となる小鳥などが豊富なことと、天敵が少ないこと、ビルなどの建物が本来のねぐらや繁殖の場である断崖の代わりになっているためと考えられる。

写真の幼鳥も無事に巣立って市内在住の立派なチョウゲンボウに成長してもらいたい。

観察しているとビルの警備員さんが出てきたので「屋上の鳥の種類は御存じですか」と伺うと
「商売繁盛、家内安全、のため鳥居は祭ってあります」とチンプンカンプンな回答が返って来た。

街中の狩人をそっと見守ってあげたい羽パパです・・・


















タンデムツーリング~あきる野編

9月26日(土)
何時もは仕事の羽ママは今日はお休み・・・まだ風邪も完治してないんでけど・・・
羽ママと久しぶりのタンデムグルメツーリングを楽しむことにしました。

羽パパは急いでコースを考えて頭に叩き込んで、今日はのんびりあきる野市周辺の自然と
グルメを楽しむことにしましょう・・・

エンジン掛かるかなぁ・・・羽ママの心配も直ぐに解消、W650のエンジンに火が入ります。

バイクは小作駅前を走り過ぎて滝山街道へ・・・今日の昼食はこのお店にしましょう・・・
2009.9.26 001蕎麦よしの あきる野市菅生818-2 ℡042-558-5313

メニューは2009.9.26 003 てんせいろをお願いしました・・・
いつ見ても綺麗なお蕎麦です・・・2009.9.26 004
蕎麦の盛りに品がありながらも天ぷらのボリュームも満点。二人のお腹を満足させます。
今日が初めての訪問の羽ママも満足してくれたようです。2009.9.26 008
2009.9.26 009仕上げは蕎麦湯・・・蕎麦の香りと共に味わいます・・・身体も温まる。

美味しいお蕎麦の後は・・・滝山街道を走り油平を右折して武蔵五日市駅方面に向います。

お次のグルメは酒まんじゅう2009.9.26 015秋川名物 酒まんじゅう 恵比寿屋
あきる野市伊奈1496 ℡042-596-0315 営業時間8:30~19:00 定休日 月曜日
HP http://www5a.biglobe.ne.jp/^gbusuya/

120年以上前からの酒種(米麹を発酵させた物)を代々受け継ぎ、伝統の製法と味を守り続けているそうです。
羽ママは酒まんじゅうを頬張る2009.9.26 018
秋川流域では昔から各家庭で作られていた素朴なおまんじゅうの味・・・あま~~い と羽ママ
羽パパも負けずにソフトクリームと酒まんじゅうを食べる・・・本当に餡子はかなり甘めに感じた。
好みは分かれるでしょうが羽パパは生涯に一つ食べれば十分です。

気を取りなおしてバイクを走らせて着いたところは・・・お寺であります。
2009.9.26 031多摩新四国八十八ヶ所第五十九番札所 
東国花の寺百ヶ寺第十番
真言宗豊山派金色山吉祥院 大悲願寺(だいひがんじ)
建久二年(1191)に開山された歴史あるこの寺ではちょうど白萩まつりが開催されています。
この建物は 大悲願寺楼門(仁王門)あきる野市指定有形文化財です。

2009.9.26 032大悲願寺観音堂 あきる野市指定有形文化財 素晴らしい彫刻の数々・・・
再建、修復はされていますが歴史を感じさせる重厚な建物です。

羽ママよりも太い杉の巨木・・・2009.9.26 037
白萩と百日紅の花を眺めながらお庭を散策2009.9.26 043立派な百日紅の木に感動!

花より団子・・・とは良く言ったもので、ここでも2009.9.26 044
花を愛でながら抹茶を飲み2009.9.26 046酒まんじゅうを食べる2009.9.26 047
こちらの酒まんじゅうの方が数段美味しい!特に口に含んだときの香りが素晴らしい!

今日のツーリングの仕上げも甘い物だったのですが、餡子攻めでお腹いっぱいの羽ママのために
少々お腹を休憩させましょう。
武蔵五日市駅から檜原街道を走り2009.9.26 051秋川渓谷 瀬音の湯へ・・・

羽ママはここで足湯を楽しみます。

2009.9.26 060もうそろそろ紅葉の季節ですが・・・2009.9.26 056秋川渓谷に降りると子どもたちは元気に川遊びを楽しんでいました。
そろそろお腹に余裕ができて来た羽ママとあきる野市内へ向けてバイクを走らせます。

次の目的地は呉服屋さんです。
2009.9.26 070栗原呉服店 あきる野市五日市1番地 ℡042-596-5144
HP http://homepage2.nifty.com/kireya/ 創業100年を誇る老舗の呉服屋です。

2009.9.26 071実はこのお店、店の奥がカフェになっているんです。
店の右側の入口の暖簾を潜ると2009.9.26 073外観からは想像できないモダンでシックな内装・・・

2009.9.26 074店内では手ぬぐいなどの小物販売と2009.9.26 079 CAFE

急な階段を上がり2009.9.26 080お二階に・・・そこには・・・
2009.9.26 081生活雑貨(食器)や2009.9.26 082布製品2009.9.26 084
2009.9.26 086家具や建具など2009.9.26 090様々な作品が展示販売されていました。
因みにハンガーに掛けてあるシャツはシルク製であります。素敵な肌触りでした。

さてさて、羽ママがこのお店で注文したものは2009.9.26 095白玉あんみつと
水出しアイスコーヒー・・・また餡子かよ!

この水出しアイスコーヒーは今流行のコーヒーショップの深煎りのコーヒーに比べると色が薄く見えますが、香り高くとても美味しかった。
白玉あんみつを食べた羽ママの感想は・・・餡子がとても美味しかったそうです。

御主人もとても気さくで楽しい会話を楽しませていたたきました。
店内には高価な京友禅が展示されており、羽ママは着物も見たかったようですが、それはまたのお楽しみにしておきましょう・・・

さあ、今日も一日楽しんだしムックとプルームが待つ家に向ってバイクを走らせました・・・




















 




落日のGo!Go!

9月25日(金)
久しぶりに羽パパ&ママ揃ってプルームと何時ものドッグランに行くことにしました。

秋の日暮はつるべ落とし・・・短い時間ですが今日は誰とGo!Go!出来るかな?

ドッグランで会ったのはプルちゃんの仲良しのハッピーちゃん2009.9.25 054
俊足でスタミナ抜群のハッピーちゃんと走り屋仲間のプルームはいきなり爆発!
ドッグランを走り回ります。プルちゃん来て良かったね!

羽ママもハッピーが大好き!2009.9.25 062甘えてもらってハッピーな笑顔。

夕暮れ近くになってトラちゃんも合流。トラちゃんはとても優しいお友達でプルちゃんも大好きです。

みんなでGo!Go!した後にお水を飲むのも一緒です。2009.9.25 080

トラちゃんも羽ママにアマアマして・・・2009.9.25 083羽ママ嬉しそう。

みんなでGo!Go!した後はプロレスごっこ2009.9.25 084

2009.9.25 085トラちゃん勝利の雄叫び?

ハッピーちゃんとトラちゃんは余力十分ですが2009.9.25 086プルちゃんはスタミナ切れ・・・いつもピッタリくっついてみんなホントに仲良しなんだね。

2009.9.25 093トラちゃんとごろごろしながら2009.9.25 095お話しですか?
ホントにこの二頭はいつもこんな感じで遊んでます。まるでオママゴトをしてるみたい。

日が暮れても元気いっぱい!2009.9.25 096

とっても仲良しで大好きなお友達のハッピーちゃんとトラちゃんですが、みんなのスタミナに着いて行けないプルちゃんなのでした。













MRI検査

9月11日の健康診断では散々な結果に終わり、おまけに腹部MRI精密検査のお土産までもらって帰って来た羽パパは、いよいよ今日17日(木)大安吉日に検査の日を迎えたのであります。

午後2時30分に検査予約をしているので20分前までには病院に着くように家を出ました。
羽パパはTシャツに短パン、素足にサンダル履きという超省エネクールビズで病院に到着しました。
病院内はまるでサロンのような雰囲気で受付と院内の案内係りは全て美しい女性です。
蝉取り網を持っている方が似合いそうな自分の服装と、この病院の雰囲気の不釣合いに少々戸惑いながら窓口で紹介状を提出し、受付を済ませて問診票に必要事項を記入後、更衣室で検査着に着替えます。素足で来た羽パパは何故かここで靴下を履かされました・・・なんだか恥ずかしい・・・

ホテルのロビーのような待合室からエレベーターで2階の高級エステのような広々とした待合室に
案内されて、ここで看護婦さんに担当をバトンタッチします。
ここでも簡単な問診(受付では薬によるアレルギー等、2階では現在の症状等の質問)を受けてから今度は担当医師の診察を受けます。
 
今は痛いところは有りますか?・・・の質問に羽パパはこう答える。

痛みとかはありませんが、○○病院の先生が念のためとおっしゃるので・・・

この現実から逃避したい羽パパは何故か念のためを強調する。

既に「○○のため腹部MRI検査云々・・・」などと書かれているであろう紹介状に目を通した終わった
担当の先生は・・・重たい口調でこのようにおっしゃる・・・

この検査でお腹の中に何が隠されているかわかりませんので・・・

もしかしたら大変な物が見つかるかもしれませんよ・・・云々

羽パパは心の中でこう呟く・・・念のためだもん・・・その声は弱弱しい

診察が終わり、いよいよMRI検査室に案内される。
MRI検査は初めてですか?・・・検査技師の質問に「整形で3回ほど経験があります」と羽パパ。

羽パパさんは腰が悪くて約1年もの間、寝たきり生活を経験している。
その時は身体中が痺れて茶碗や箸も持つことが出来ないばかりか、喋ることも出来なかった。

整形のMRI検査と内臓のMRI検査の大きな違いは撮影中に息を止める動作があることと説明を
受けた。内臓の形は呼吸などによっても形状変化してしまうので、息を止める時に吸う空気の量も
一定にして下さい・・・という厄介な注文まで指示された。

息を止めるときはヘッドホンから指示されるので居眠りも厳禁と追加説明された。・・・そんなに眠そうな顔かなぁ?

準備も整い細い円筒の中へ吸い込まれる・・・掃除機に吸われるゴミの気分が理解できる。

ヘッドホンからは心地よいクラッシック音楽が流れるがカシャコンカシャコンという撮影の音にかき消され、クラッシックとテクノポップの融合・・・ボイス・・・それでは息を止めま~~す

息を吸って~~~ ハイッ止めま~~~~~~~す。・・・・・・なっ、ながい!

ハイッ、楽にして下さ~~い。・・・・・・・プハ~~ッ 苦ッ、苦しい・・・

呼吸を整える間も無く息止めの連続攻撃に撃沈寸前の羽パパ!ピ~~ンチ!

息が止まりたくないから病院に来ているのにこんな所で(とど)めを刺されてたまるか~~ッ

ここで暫し休憩、筒から出されて腕に造影剤を注射する・・・

痛いのはここだけですよ~~・・・と先生・・・・子供じゃないんだってば!・・・不動の抗議!

羽パパが検査技師に「息止め辛いですか?」と質問されるが、心とは裏腹に「ダイジョブです」

再び細い円筒の中に吸い込まれる羽パパ・・・数回の息止め後、検査は無事に終了アップロードファイル

お疲れ様でした・・・検査は予定よりも早く終了しました・・・と技師さんから告げられた・・・

なんで?・・・○○さん、完璧な息止めでしたね!

そんなお褒めの言葉をいただきましたが、結果次第では今後喜べないかも知れないので
羽パパはここで喜んでおきましょう・・・

詳しく話を伺うと長い時で約20秒の息止めを要求されていたらしいのだ。
羽パパの感覚では12~15秒と感じていたのですが結構長かったんですねえ・・・

女性やお年寄りで我慢出来ない患者さんもいらっしゃるらしい。
特に検査の後半に造影剤を注射した後の息止めが一番重要らしく、造影剤の内臓への回りも
早いので、その時の我慢が大切だと説明してもらった。

検査を終え、おしゃれな検査着からTシャツに短パン、素足にサンダル履きという蝉取り網が似合う
自分の洋服に着替えて自宅に帰ります。

25日の検査結果がちょっと怖い羽パパです。


あっと言う間に一週間が過ぎ、明日はいよいよ不安な検査結果を聞きに行く日です。

「今晩が最後のお酒になるかもしれないなぁ~」 仕事の帰りにコンビニで缶ビールを買いこんだ。

午後の診察開始時間に合わせて病院に向い、何時もより厳かに受付を済ませた。

受付の女性が「結果は届いていますよ」と、にこやかな笑顔で羽パパに告げた。

担当医師に名前を呼ばれ診察室へ・・・果たして羽パパの疑惑の腎臓は如何なる状態か!

結果としては「悪い物は発見されませんでした。異常なしです」 で一件落着絵文字名を入力してください

その他の検査でも自分が予想していたよりは成績優秀・・・この辺の経過はあっさり流します・・・

調子に乗った羽パパは来月早々、大腸検査の予約をしてルンルン気分で帰宅するのでした。

これで安心して大盛りが食えるぞ~~っ!

喉もと過ぎても熱さ忘れず口内炎・・・油断禁物だよ羽パパさん・・・










プルちゃんと八国山散歩のひとコマ

シルバーウィーク最終日の23日水曜日の午後にプルームと一緒に八国山を散歩することにした。
羽パパとプルちゃんにとっては珍しい事では無く一昨日も一緒に約二時間の散歩を楽しんでいる。

昨日のバーベキュー大会の社会勉強で精神的疲労が大きいお昼寝中のプルちゃんを起こして
八国山を目指し歩き始めます。

住宅地を通り抜けて松ヶ丘の遊水地を歩いているとカイツブリがけたたましく鳴きはじめました。
夏の間は川鵜バリケン、そして愛らしいカルガモの姿しか見られなかったこの池にも、今年ももうすぐ沢山の冬鳥達が渡って来て賑やかになることでしょう。
池の人気者のに餌をあげる子供達に声をかけられながら元気に歩き、その子供達の後ろに立って不思議そうに鯉を眺めているプルちゃんは今日も地上の人気者です。

コンビニの横を過ぎると、いよいよ八国山緑地の入口に差し掛かります。
夏の間は広葉樹の葉が夏の日差しを遮り、自然のカーテンの役割をしてくれていたのですが
初秋の午後の林の中はひんやりとして薄暗い尾根道はなにか不気味にも感じられます。

少しではありますがもう落葉も始まっているようで落ち葉を踏み歩きながら耳を澄ませば
茶色いどんぐりが地面に落ちる音もあちらこちらから聞こえてきます。

ウォーキングを楽しむ人たちとすれ違う度に挨拶を交わし、沢山のワン友と楽しい出会いをしながら
歩いていると一匹の見慣れない昆虫を見つけました。
人通りの多い尾根道を横断しているのはナナフシです。なんだか不器用に歩く姿を見ていると
人に踏まれないか心配になり、草むらにそっと放してあげます。

なにか良い事あるかもよ・・・ナナフシの恩返し・・・なんてね!
そんな事をプルームに話しかけながら尾根道を歩き続けます。

早足で歩いていたプルームも疲れたのでしょうか、歩くペースが遅くなって一緒に歩いていた
ワンコから遅れだしました。何時もは西武園の方まで歩いてからころころ広場で休憩するプルちゃんですが、昨日の疲れも残っているようなので尾根道から二つ池へ下ります。小楢の木の樹液が出ているところには麻布が巻いてあり「スズメバチに注意」の張り紙が貼ってあります。二つ池から北山公園が良く見えるひだまり広場を歩き、いつもなら西武線の線路に沿って歩いて藤の宮公園を通ってほっこり広場に抜けるのですが、今日は少し短めの散歩が良いようなのでそのまま尾根道に戻る道を選びました。

この道は普段は人が殆んど通らない道です。
薄暗い道を歩いていると小楢の幹近くの樹液の出ているところに大きなノコギリクワガタの雄を見つけました。立派な大顎に見惚れていると耳元でブ~~ンという羽音とともにスズメバチが羽パパを威嚇し始めました。どうやら彼らの領域に立ち入ってしまったようです。
その場をそっと離れてから早足で退散!ジョギングと勘違いしたプルちゃんはピョンピョンと跳ねながら羽パパについて来ます。派手な行動は慎んで下さい!

ハラハラしながら尾根道に戻って安心した羽パパとプルちゃんは家路をのんびり歩きます。
ナナフシの恩返しなんか無かったね!折角助けてあげたのにね!(本人は助けた気になってます)

スズメバチに刺されたらとんだ災難だったわ・・・

プルちゃんも安心したのか小楢の根元にマーキング・・・するとナナフシが慌てて木から転げ落ちてきました。全身にはプルちゃんのシャワーをたっぷり浴びています。

さっきのナナフシかな?プルちゃん、スズメバチに追われた仕返ししてくれたの?
何故かナナフシ君を勝手に悪者扱いする羽パパ。
ナナフシの恩返しを期待した物欲的真理がスズメバチに追われたという偶然の不幸の原因を
ナナフシ君に責任転換して八つ当たりする悪い性格・・・

ところで同じナナフシなのかは分かりませんが、羽パパが放してあげたのは草むらです。
ところがナナフシが転げ落ちてきたのは反対側の小楢の木でした・・・

同じナナフシ君だとすれば彼にとっては折角、命懸けで主食である小楢の葉を食べにようやく危険な尾根道を半分横断したところで反対側に戻されてしまった・・・羽パパの親切心は逆効果だったわけです。

そう考えるとなんだかナナフシ君に申し訳ないシルバーウィーク最終日のお散歩でした。





手打ちうどん 地蔵山

9月23日(水)

シルバーウィーク最終日の今日も羽ママは風邪で寝込んでいるし食欲も無い様子なので
羽パパは一人で美味しい物を食べに行こうと企んでいる。

しかし何処に行っても渋滞と混雑は必至であることを考えると遠出はしたくない・・・

・・・と言うことは移動手段は徒歩か自転車に限定される。

羽パパは所沢市観光協会のホームページ(http://www.tokoro-kankou.jp/)を開き、
うどんマップをクリックする。そのページには所沢のうどんマップとだんごマップが紹介されていて
リーフレットをダウンロードすることが出来る。
行きたいお店の目星をつけて、うどんマップの店名をクリックするとGoogleマップで地図表示まで
してくれるのでとても便利なのだ。

今日、羽パパが選んだお店は「手打ちうどん 地蔵山」。西所沢の駅の近くならば自転車でも容易に行ける距離である。羽パパは一人西所沢駅を目指して自転車を漕ぎ始めるのでした。

2009.9.23 001野老澤(ところさわ)手打ちうどん研究会加盟店
手打ちうどん 地蔵山(じぞうやま)
所沢市西所沢1-16-1
℡ 04-2922-1625
営業時間 11:00~19:00 定休日 日曜日
お店はマンションの1階にあるのですが、こんな場所に手打ちうどんのお店があるとは
知りませんでした。これで美味しければ超ラッキー!営業時間の夜7時までと言うのも魅力です。

お店の入り口のランチメニュー2009.9.23 004店内メニューにはカレーうどんもあります。
メニュー表の盛りの量は大盛りまでのようです。
店内は四人掛けのテーブル二席と二人掛けテーブル一席、小上がりの四人掛けが二席の
こじんまりとしたお店で、店の奥ではご主人がうどんを打っていました。お店はご主人と奥さまの二人で切り盛りしているようです。

羽パパはランチメニューのAセットを注文しました。注文ごとにうどんを茹で上げているようで
天ぷらを揚げる音とうどんを冷水で〆る音が止んでから少々の時間で注文したAセットが羽パパの前に運ばれて来ました。待ち時間は12~3分だと思います。

2009.9.23 002とても綺麗な盛で見ただけで食欲をそそります。
先ずは天丼から・・・天ぷらの衣も薄くてカリカリでお米の炊き具合も固めで丼物には丁度良くて
天丼のたれも辛めでとても美味しい。丁度良い塩梅・・・
天丼のたれが美味しいと当然のようにうどん汁にも期待が持てます。

うどんはご覧の通り2009.9.23 003茹でたてのうどんはエッジが立っていて色が灰色に見えるのは地粉の配合が多いのでしょう。
コシの強さも丁度良く、うどんを噛むと粉の香りが口中に広がります。
肉汁は甘くなく、豚のバラ肉が入っていて少々辛めですがさっぱりとして美味しい。
汁を飲んでも辛いという感じはしませんでした。

このお店は是非、羽パパお気に入りのお店に加えましょう・・・

バーベキュー

9月22日(火)

今日は羽ママがとても楽しみにしていた「ボル友バーベキュー大会」の日であったのですが
羽ママさんは残念ながら風邪でダウントホホ

今流行のインフルエンザの可能性もあるので、羽パパも社会的風潮から今回は残念ながら・・・
という流れだったのですが病院検査の結果普通の風邪と判明したので、羽ママを病院に置き去りにして羽パパのみの参加となりました。

本当は羽ママが可愛そうなので、羽パパも欠席すると決意を固めていたのですが
「プルームの社会勉強のために・・・」という羽ママの希望で参加となりました。誤解のないように!

「ボルゾイ界のしきたりをプルームに学ばせる」という重大な使命を受け、羽パパはルンルン気分で
約束の待合せ場所である都内某所に向います。

ルンルン過ぎてなんと到着は一番乗り~!

昨日の天気予報では曇り一時雨の予報も、強烈な雨女の羽ママの欠席で薄日も差す絶好の
お遊び日和となりました。みんな~、よかったね!

連休の渋滞に苦労しながらも、プルちゃんのお友達もみんな無事に集まる事ができたので
先ずは放ボルです。みんな楽しそうに遊びます・・・

プルームも優里ちゃん2009.9.22 031とリッチちゃん2009.9.22 090と会うのは本当に久しぶりです。今日一日楽しく遊んでね!

プルームもみんなに混ざって遊びますが早速、困った表情に・・・2009.9.22 034
プル!社会勉強だぞ!しっかり学習しましょう!

ボル達が仲良く遊んでいるあいだに2009.9.22 032羽パパ達はバーベキューの準備です。団扇で火を扇ぎ炭火熾しをはじめます。

2009.9.22 089羽パパ、このバーベキューコンロに感動する!感動◇
車のホイールを利用したおじいちゃんの手作りと伺ったが、アイディア抜群!
重量感と安定感も優れていて、更に素晴らしいことに これで焼いた食材は銀紙で包まなくてもホイル焼きとなるのだ!(???)
ただ一つ難点は崩れた炭が直接地面に落ちるので、迂闊に足をコンロの下に入れると火傷の危険がある!実は羽パパもちょっとピンチだった・・・

ここでおじいちゃんに羽パパから提案が・・・金属製のホイールカバーを乗せてジンギスカン鍋なんてのはいかがでしょうか?
是非是非、試作挑戦お願い致します。

炭火の準備も整い全員集合したところで焼きに入ります。

ホタテ 2009.9.22 037 焼き肉2009.9.22 040担当はルディーパパとミーパパ

ここで尾頭付きの登場!2009.9.22 042美味しそうな有頭海老2009.9.22 043

上手く焼けてますか?2009.9.22 076やはりフェンスの外の様子が気になるワン達

2009.9.22 046フランクフルトに 2009.9.22 047牛タン焼き 焼きたての熱々の食材をみんなで頬張ります。
プルちゃんはもうお勉強の限界のようです。2009.9.22 051ここで一時退場して車の中へ

野菜と厚切りベーコンを焼き始めると・・・2009.9.22 055その陶酔する香りに誘われて・・・
2009.9.22 054何かを期待して集まるワン達・・・「並ぶと何か貰えるのかい?」
無視して豚肉を焼いていると・・・2009.9.22 060
な~~んだ、貰えないのか・・・諦めて解散して2009.9.22 063不貞寝するワン達

バーベキューのお約束の焼きそば2009.9.22 073もうそろそろみんなお腹いっぱいですが
2009.9.22 083デザートも完食して楽しいバーベキュー大会は幕を閉じるのでした。

あ~美味しかった!みなさん今日はありがとうございました。
















初秋の北山公園散策

美味しい讃岐うどんで満腹になった羽パパ&ママは食後の運動で北山公園を一緒に散策することにしました。

この公園は毎年6月に見事に咲き誇る菖蒲の花が有名で、菖蒲祭りには遠方からも多くの観光客で賑わいます。春から秋にかけて花が絶えない公園で4月には桜と菜の花、6月には菖蒲、7月には大賀蓮、9月には彼岸花が楽しめます。夏休みには子供たちで賑わいます。

駐輪場に自転車を止めて散策を始めると二羽のかるがもが私たちを出迎えてくれました。
嘴の先端が黄色いのがこの鳥の特徴で、日本では全国的に繁殖し北海道を除いては一年中見られます。地上をヨチヨチ歩く姿は愛らしい。
2009.9.20 004他のカモと違い雄・雌での色の違いがほとんど無く雌雄の識別は難しい。

この池の名称は「しょうちゃん池」2009.9.20 011池の水が赤く見えるのは「アカマクミドリ虫」というプランクトンです。涼しくなると活発な活動が始まり、体内の赤い色素が増えて水面が赤褐色に濁ったように見えます。都会の公園ではめったに見られない田園風景の面影を残す自然豊かな水辺に生息する貴重な生物なのだそうです。
池の水面から立つ止まり木にカワセミの姿を見つけました。2009.9.20 012
2009.9.20 013じっと水面を見つめ小魚を探しているようです。とても美しい姿です。

背中のコバルトブルーが陽光に映えます。
2009.9.20 014みごとな水面ダイビングを試みましたが2009.9.20 017残念!空振り・・・2009.9.20 030カワセミ君のパフォーマンスを十分に楽しませてもらいました。

公園内の湿地帯はまさにトンボの楽園です。
菖蒲園の柵に止まり羽を休めるのは2009.9.20 031ウスバキトンボ
国内では北海道、本州、四国、九州に分布する。全世界の亜熱帯、熱帯に広く分布し全トンボ類中で最も分布域が広いとされています。

それ程広くは無いのですが、彼岸花も咲いていました。2009.9.20 032

目の前でガガンボを捕食するのは2009.9.20 035シオカラトンボ♀ 別名ムギワラトンボとも呼ばれます。

菖蒲園の木道を歩いていると蛙を見つけました2009.9.20 038トノサマガエル♀?
2009.9.20 039残念ながら羽パパにはトノサマガエルとトウキョウダルマガエルとの区別は出来ません。一般には両種共にトノサマガエルと呼ばれているのですが実際には別種なのです。気持ち良さそうに日向ぼっこをしていましたが、羽ママが枯葉を落とすと「ドスン」という音と共に草むらに逃げて行きました。カエル君ゴメンネゴメンネ~

日向ぼっこが羨ましい羽パパ&ママも公園内の休憩所で休むことにしました。
2009.9.20 040人生の大先輩方がご夫婦でお弁当を食べたり景色を眺めたりのんびりムードが楽しく感じられる雰囲気です。
羽パパ&ママも大先輩方に違和感なく溶け込めたのは嬉しいやら複雑な心境・・・
二人でこんなにのんびりしたのは久しぶりだね・・・と羽ママ

帰り道の木道でホバリングするオオシオカラトンボ♀を見つけました2009.9.20 042
水面を叩き産卵しています2009.9.20 043打水産卵するオオシオカラトンボ♀

トンボも恋の季節2009.9.20 053交尾するオオシオカラトンボ
♀の交接器と♂の交接器を合わせて交尾をしています。
2009.9.20 047シオカラトンボとオオシオカラトンボの見分け方は、シオカラトンボは腰から下が急に細くなっているのですが、オオシオカラトンボは尾の先までがほぼ同じ太さなので区別がつきます。

クビレが無いオオシオカラトンボに何故か親しみを感じる羽パパなのでした。

お後がよろしいようで・・・







  








野口製麺所

9月20日(日)

シルバーウィーク二日目の日曜日は正に秋晴れの朝を迎えました。日差しは強く感じますが、
吹く風の清々しさは秋を感じさせます。

今日は羽ママを誘って美味しいお店を探しに行くことにしましょう。

自転車に乗って彼岸花咲く北山公園に向います・・・公園散策の前に先ずは腹ごしらえです。

さてさて今日のお店は・・・
2009.9.20 061野口製麺所 東村山市野口町4-46-1 ℡042-392-0856
営業時間 平日11:00~15:30 土・日11:00~15:30 
土日のみ夜の部18:00~21:00
定休日 火曜日(要電話確認)
HP http://www.udon-noguchi.com
西武新宿線 東村山駅より1㌔弱。北山公園近くの、自然に恵まれた静かな場所にある手打ちうどんのお店です。(HPお店紹介より)

このお店は本場讃岐の味を追求する讃岐うどんのお店である。
このお店の存在は以前から知っていたのであるが、その美味しさから何時も混雑しているので
羽パパは今日初めての訪問である。いや 訪問はしたことはあるのだが、その混雑ぶりは相当なもので食べるのを諦めて帰ってしまっていたのだ。まあ自転車でも15分ほどで来れるので簡単に諦めてしまったのかも知れない。毎年6月の北山公園菖蒲祭りの時の混雑は物凄く、行列を見ただけで余程遠方からの訪問で無い限り食べるのを諦めるであろう・・・

その分、今日の羽パパの「うどんを食べる」に対する決意は固い!

電話で営業していることを確認して、羽ママと共に野口製麺所を目指す。

2009.9.20 06311時少し過ぎに到着したのであるが既に混雑の兆し・・・好天のせいか外のテラス席が人気の様で、店内にはまだ空席があった。

メニューはご覧の通り・・・2009.9.20 066この他に季節のメニューもある。

羽パパは温卵ぶっかけうどん大盛り、羽ママは普通盛りを注文した。

店内を見渡すと羽パパの大好物を発見!2009.9.20 065 おでんおでんおでん
羽パパの子供の頃の渾名(あだな)おでん小僧と呼ばれるほどおでん大好き。未だにおでんの時は大きな土鍋を一人占めの羽パパに、羽ママは家族分の他に羽パパ専用土鍋を用意してくれる。
早速・・・2009.9.20 062おでんはセルフサービスで会計時に自己申告であります。
天ぷらも同じく自己申告でした。2009.9.20 064

このお店は注文を受けてから茹で始めるので、出来上がりを待つ間におでんをつまみに生ビールを飲むお客が多い・・・ちょっと羨ましい羽パパですが午後の用事のために我慢!えらい! 

20分ほど待ったでしょうか?既にお客が店外に溢れ始めた頃にうどんが出来上がりました。

2009.9.20 068羽ママと声を揃え「美味しそう」 アップでどうぞ2009.9.20 069
ツヤツヤのうどんは見るからにおいしそう!卵は無農薬有機栽培の餌や天然ミネラルが豊富に含まれる貝などを食べて育った契約農家が飼育した鶏の卵を使用している滋養卵を使用しているので、
温泉卵にしても黄身は味が濃くてプリプリでとても美味しい。
滋養とは・・・身体に栄養分を補給すること・・・きっと栄養豊富な卵なんだろうなぁ

よ~~くまぜまぜして・・・いただきま~す。

うどんは讃岐特有のコシの強さがあり、冷水での〆には御主人のこだわりが十分に感じられます。
うどんの喉越しも良く、瀬戸内海産の極上のいりこを中心にブレンドしてうどんに合う香川県から取り寄せた醤油を使用した出汁もとても良い風味が漂い、さっぱりとしてとても美味しい!

こんなに美味しいんだったら諦めないで待っていればよかったね・・・羽ママもご機嫌です。

デザートは別腹の羽パパ&ママ2009.9.20 067プリンとコーヒーゼリーを注文しました。

こちらは待つことも無く直ぐに登場!2009.9.20 072  2009.9.20 071
羽パパはプリンを食べましたが黄身が濃くてしっかりとしたプリンはとても美味しかったです。
たまごたっぷりプリン・・・広告に偽り無し!
天草のコーヒーゼリーは羽ママ担当ですが、寒天のように固いゼリーを想像していたようですが
軟らかくてとても美味しかったそうです。

野口製麺所・・・こんなに近くにこんなに美味しい讃岐うどん屋があるなんて・・・もっと早くから
来ていればよかったな。そんな後悔をさせるお店でした。

夜の部は昼とは違ったブレンドのうどん粉を使った讃岐うどんを提供しているそうなので
夜の部のうどんも是非食べてみたい!その時はもちろんお酒とおでんですね・・・

お腹も満腹になったし、久しぶりに羽ママと北山公園を散歩することにしましょう・・・

その模様はまた明日・・・






宅部うどん

9月19日(土)

偶然通った道で美味しそうな飲食店を偶然見つけると嬉しい気分になる羽パパは、木曜日に通った道でそんな場面に遭遇した。

相変わらず裏道をウロウロと散策し多摩湖町の住宅街に差し掛かったところで、そのうどん屋を
見つけた。その日は「小島屋」でうどん大盛りを食べた帰りで生憎、営業時間も終了していたので
日を改めて今日早速行ってみることにした。

2009.9.19やけべうどん 001宅部(やけべ)うどん 東村山市多摩湖町3-3-20 ℡042-394-3129
暖簾が出ていないとうっかり見逃してしまいそうなお店である。入り口のレトロな郵便ポスト二本が
お店の目印になりそうだ。

店内は山小屋風で懐かしい琺瑯製看板や1980年代の映画ポスターなどが貼られている。
西武多摩湖線 西武園駅が近いせいか西武線路線図も貼られている。2009.9.19やけべうどん 004

メニューはご覧の通り2009.9.19やけべうどん 003この他に、うどんの玉売りもしている。
羽パパは肉汁うどん4玉を注文した。

十分ほど待つとうどんが出来上がってきました。2009.9.19やけべうどん 005
2009.9.19やけべうどん 007うどんはツヤツヤでエッジが立っていてとても美味しそうです。
薬味はねぎ、生姜、茹でほうれんそう、細切りだいこん。
天ぷらはさつま芋、いんげん、にんじん、たまねぎ、の4種類が付いています。
2009.9.19やけべうどん 008このボリュームで690円ならば納得!

うどんはシコシコとした田舎うどんで、程好い甘味の肉汁とよく絡んでとても美味しかった。
味も納得しました!

多摩湖に散歩に訪れた時は、ムックとプルームには車中で我慢してもらって是非 また訪問したい
お店です。

駐車スペースは店頭に軽自動車が2台程止められるスペースしかありませんので
ご注意下さい。定休日は日曜日、営業時間は11:00~14:00 売り切れ御免です。



食後に狭山公園を散策する羽パパは凄い物を見つけるのです。それは続きを読むで・・・




続きを読む »

多摩湖・狭山湖廻り

9月18日(金)

今日の帰宅時間は3時40分。

・・・羽ママとの約束通りの時間である。

ムックとプルームを車に乗せて多摩湖(村山貯水池)に散歩に行く。

散歩の(ついで)に羽パパの気になる物も解決してしまおうと言う考えである。

2009.9.18 001これはみなさん御存じの風景・・・9月9日の大空へGo!Go!でも紹介した通り、村山下貯水池の取水塔。右が第一取水塔で大正14年7月31日の完成。左が第二取水塔で昭和48年2月24日完成。中央の白いドームは西武ドームである。羽パパが気になる物は写真中央付近で湖面に浮かぶその物体である。以前から「何かな?」と不思議に思っていたのでのであるが、写真を拡大してみるとなんだか難しそうな装置が並んでいるように見える。

2009.9.18 003調べて見るとこの装置は殺藻装置であることが分かった。実際には調べなくても堰堤の案内に記載されていてガッカリした羽パパですが・・・気を取り直して・・・正式名は「超音波とオゾンによる水質浄化装置」と呼ばれ、超音波の照射によりアオコ細胞内のガス胞を破壊する効果がある。アオコとは富栄養化が進んだ湖沼等において微細藻類(主に浮遊性藍藻)が大発生して水面を覆い尽くすほどになった状態、およびその藻類を言う。オゾンは脱臭、脱色、滅菌等の機能を持ち、大腸菌を激滅させる効果がある。この装置は平成20年10月頃に設置されたらしいのです。

何か物足りないながらも羽パパはプルームと散歩を続ける。
堰堤の階段を降り後からマイペースで歩くムックと羽ママを待つ。2009.9.18 006

ムックも一生懸命に歩き羽パパ&プルームを追いかけます。
2009.9.18 008それとも羽ママのペースに合わせているのかな?
急な階段の上りは一苦労のムックちん、頑張れ!2009.9.18 013
夕方5時が近づき無料駐車場も閉まる時間です。楽しい散歩も終わり、車に乗り込みますが
羽パパは帰り道とは逆方向の村山下貯水池から村山上ダムに向けて車を走らせます。

因みに多摩湖と呼ばれる村山上貯水池と村山下貯水池は、東京都で他県にまたがらない湖では
最大の面積であります。・・・参考までに。

車でダムを渡りながら湖面偵察・・・やっぱり無いなあ・・・

羽ママに相談して狭山湖(山口貯水池)に行くことに・・・アンディに会えるかも知れません。

2009.9.18 027狭山湖第一取水塔、昭和9年完成で高さは40mあります。

プルームは思いがけない二度目の散歩に気分はノリノリで超ハイテンションでピョンピョンと
跳ねながら歩きます。堤防の下では沢山の犬たちが遊んでいます。

2009.9.18 033「プルーム!アンディが来てるよ!」
羽パパと羽ママが声を揃えて教えると、プルームはそのままのテンションでみんなの輪の中に・・・これがいけなかった!

みんなの歓迎を受けながら相変わらずのピョンピョン歩きで積極的に挨拶回りをしますが・・・

黒ラブのミロクちゃんの先制パンチの出迎えで2009.9.18 037この後、羽ママから離れる事はありませんでした・・・
2009.9.18 036ムックちんとは仲良く挨拶するミロクちゃん(ピンボケでゴメンネ!)

2009.9.18 043黒ラブ恐怖症のプルームは黒ラブちゃんが近くに来るだけで羽ママに助けを求めるように甘えます。

アンディパパ&ママと再会とアンディの秘密の場所へ遊びに行く事を約束して弱虫プルちゃんとムックちんとの楽しい散歩も終わりです。

狭山湖面には殺藻装置はありませんでした・・・羽パパが探していたのはソーラーパネルを搭載して湖面に浮かんでいた物体。


翌日・・・気になると眠れない羽パパは夜明けを待ってムック、プルームの散歩済ませ、バイクで村山上貯水池に出掛けます。

2009.9.19 003村山上貯水池第一取水塔 大正12年8月20日完成
湖面には下貯水池と同形の超音波とオゾンによる水質浄化装置が四基2009.9.19 002
羽パパが探していたソーラーパネルを搭載した物体はありませんでした。

自宅に帰り調べてみるとその物体の正式名は「自航式電解殺藻装置」と言い、電気分解により
発生させた銅イオンで殺藻する装置だそうです。
屋根部分にはソーラーパネルを搭載し、GPSで自走移動する事もできたそうですが、
現在の超音波式の方が遥かに能力は優れているそうです。
通称名は「おだまり君」とちゃめっけのあるネーミングで呼ばれていたそうです。

まあこれで納得として・・・

狭山湖で遊んでくれたみんな~ また遊んでね!ムック プルーム 
2009.9.18 041 ミロクちゃんもまた遊んでね!
この写真もピンボケでゴメンよ~夕暮れと羽パパの老眼のダブルパンチが原因です~
 


















ちょっと鰻屋まで・・・

9月13日 (日)

おはようございます。中央自動車道混みますかねぇ・・・そんな朝の挨拶を交わしバイクを走らせる。

今日はバイク仲間のyasuさんと小淵沢にある鰻屋「井筒屋」に行く約束の日である。
先月、8月21日の飲み会で約束を交わし9月12日(土)に決めたのだが、昨日は生憎の空模様のため今日に延期となったのである。

10時30分頃に目的地に到着するように8時出発の予定にしたが、渋滞を懸念して30分繰り上げて
7時30分に予定通りyasuさんのバイク小屋をスタートした。

yasuさんとのツーリングは6月20日の群馬以来である。

青梅ICから圏央道に乗り八王子JCTまでは快走・・・「合流から相模湖までは覚悟だね」
無線でそんな会話をしたのだが・・・「流れてますよ・・・」再び交信。

出発から相模湖通過までが40分、大月通過が60分と想定外の流れの良さにかえって困惑。

「とにかく渋滞前に大月を通過しちゃいましょう」渋滞は何処へやら?

来週のシルバーウィークに備えて世間ではお遊びを控えているようである。

初狩SAで休憩(8:50)です。2009.9.13 001若干雲は多めですが美しい富士山を眺めます。ここからのんびり走っても1時間足らずで小淵沢に着いてしまいますが・・・
食いしん坊二人は時間調整もせずバイクを走らせます。笹子トンネルを抜けると眩しいほどの青空が私たちおじさん二人を迎え入れてくれました。

2009.9.13 003案の定、井筒屋到着は9時56分・・・もちろん、まだ暖簾も出ていないし 一番乗り!
営業時間は2009.9.13 004なので当然と言えば当然である。2009.9.13 006駐車場にバイクを止めて1時間余りをのんびりと待つことにする。 (写真左:羽パパ号・右:yasuさん号)

これから起こる楽しい出来事を思い浮かべ、ただひたすら待つyasuさん2009913.jpg

2009.9.13 009気温18度、まだまだ高原の日差しは強いながらも乾燥した爽やかな秋風が心地よい。のんびりとした時間が過ぎ、開店時間となった。

前回、羽ママと鰻を食べに来た時は、予約客と順番待ちの客でごった返していたのであるが、
今日は律儀にも店頭のベンチで開店を待っていた羽パパとyasuさんのおじさんコンビと、車内で
賑やかに開店を待っていた若者3名のみである。
「予約のお客様も居りませんので、どうぞ」あっさり店内に案内された。待ったのがバカみたい・・・

羽パパは来店二回目であるが、二回とも一番乗り~!

店内は落ち着いた雰囲気で2009.9.13 015前回と同じ席に通される。

2009.9.13 001ガラス越しに庭が見える小部屋で池には錦鯉が泳いでいた。秋風に揺れて鳴る風鈴の音は物悲しささえ感じる。

店内は禁煙でここが喫煙席2009.9.13 016薄暗い独房で煙草を吸う2009.9.13 017
yasuさんはこの部屋に二回ほど出張した。

羽パパが今日、注文したのは特上うな丼ご飯大盛り。yasuさんはかめ塩のうなぎ蒲焼の上である。30分ほど待つと・・・

2009.9.13 022特上うな丼が運ばれる。それでは丼の蓋を開けてみましょうOPEN

2009.9.13 023白焼きはわさび醤油でいただく。
一見青海苔のようだが、この店の山椒は緑色をしていて香りはとても強い2009.9.13 021

白焼きはとても良く蒸されていて鰻もホクホクとして柔らかいのだが、その分小骨が目立ちアンチ小骨派の羽パパとしては食べずらい。その印象は前回よりも強く感じた。
蒲焼も白焼きと同じような食感であるが小骨は硬く、口の中に違和感を感じる。うな丼のご飯には
たれがかかっていない。テーブルには醤油差しに入ったたれが用意されていて、「たれが少なく感じる方はご自由にどうぞ」との親切心だろうが、冷たいたれをご飯にかけさせるのは俗(やぼ)と言うものである。それともう一つこの店の鰻を食べて感じたことは、鰻屋さんの店頭を歩いた時のようないい匂いが無いのである。蒲焼の皮に焦げがないので鰻のたれの焦げた香ばしさが感じられないのはちょっと残念。うな丼の蓋を開けた時に、湯気と一緒に漂う鰻の香りはファンにとって一番の楽しみの筈なのだが、それを感じることは出来なかった。

誘っていながら申し訳ないのだが・・・「下諏訪の こばやし の方が数段上ですかね」と羽パパ
yasuさん黙って頷く。

羽パパたちが店を出る時には客席は満席、店内には十数名の待ち客の姿もあった。

バイクで八ヶ岳高原ラインを走り、短時間ではありますが高原の風を満喫して須玉ICから帰路、
青梅ICを目指します。渋滞も無く帰りも初狩SAで休憩。

今までは気温20度前後の高原にいたのだが、ここまで来ると気温も上昇2009.9.13 026
外気温27度でノズル先端から超微細な霧状水滴を噴霧し、水滴の気化熱を利用した外気冷却システム ドライミスト。体感温度は2~3度下がるという。
そのほとんどが風に流されて屋外で肉まんを売るお嬢さんに集中していた。計算されている!

初狩SAのお土産物売場をウロウロしていると、羽パパは気になる物を発見!

2009.9.13 027吉田のうどん富士宮やきそばのカップ麺

2009.9.13 028地域限定巨峰どら焼きと、同じく地域限定桃どら焼き

留守番しながらムックをシャンプーしている羽ママへのお土産にした。

中野トンネル手前でのお約束の渋滞の5Km10分をすり抜けて圏央道に突入スピードで合流!
しかしながら羽パパ、圏央道では大人しい・・・

来月、次回は沼田でとんかつか新潟で蕎麦だね!・・・月末に仕事で新潟に出張する羽パパは
下見も兼ねて美味い蕎麦屋を探す任務に就く。責任重大!そんな約束をして途中でyasuさんと別れ、4時前には帰宅した。走行距離332.3キロ・・・結構頑張ったじゃない・・・




バイクのエンジンを止め、キーを抜く・・・ただいま

2009.9.13 007シャンプーも終わり、不器用な羽ママに嫌々カットをされているムックが助けを求めるように羽パパを出迎えてくれた。
ムックちん可愛くなったね!来月小淵沢に行く時は一緒だからね2009.9.13 006
来月の八ヶ岳旅行に備え、準備万端のムックの笑顔を見てホッとした羽パパでした。


























  




初秋のランでGo!Go!

9月12日(土)
今日は午後から雨の予報なので羽ママを仕事場まで送った後、早めに何時ものドッグランに
出掛けたプルちゃんですが予報より早く雨が降り出したようです。

「もう直ぐドッグランに着くよ」羽パパが車に揺られ気持ち良さそうに眠るプルちゃんを起こすのと
ほぼ同時に小雨が降り出しました。流石、雨犬プルちゃん!

小雨模様のお天気なのでお友達は誰も来ていません。2009.9.12 002
小雨降る広い広いドッグランを一人でトボトボ歩くプルちゃん・・・なんとなく寂しそう・・・

羽パパはドッグランに栗のイガが落ちているのに気が付きました。栗の木なんてあったかな?
よく見ると木の上の方に・・・2009.9.12 007秋の実りが・・・2009.9.12 015
今まで気が付かなかったのはドッグランのスタッフの方が犬がイガを踏んで怪我をしないように
片づけていて下さっているからのようです。

2009.9.12 010羽パパが秋の実りの観察中にもプルちゃんは両耳立ちで耳を澄まして
お友達を待ちます。この写真可愛い!(親バカ)

珍しくボール遊び2009.9.12 0212回目も追いかける2009.9.12 025

3回目は知らんぷり・・・流石ボルゾイ!2009.9.12 028ボールで遊んでいたことも忘れてます。

暫く一人で遊んでいるとビジターさんが遊びに来ました。ゴールデンレトリバーのビビちゃん
2009.9.12 036初対面でも仲良く遊び、仲良く水を飲みます。

また暫くするとビビちゃんのお友達が二頭遊びに来ました。この二頭もビジター犬でプルちゃんとは初対面、二頭はとても仲良しで遊ぶ時は何時も一緒、ボールを追いかけるのも一緒です。
プルームに追いかけられると2009.9.12 045驚いて逃げるのも一緒だし
2009.9.12 046尻尾を上げるタイミングまでシンクロする仲良しコンビでした。

こんなに仲良しで何時も一緒に居られる二頭がちょっと羨ましいプルちゃんでした。





健康診断

9月11日(金)
遂にこの日がやって来た・・・健康診断

毎年11月に掛かり付けの病院で受診していたのであるが、今年は羽パパのスケジュールの都合で今日と言う日になった。縁起を担いで大安吉日である。昨年の検査結果後数カ月はウオーキングや自転車で身体を鍛え、体重、体脂肪、中性脂肪が激減し理想体重を維持して一安心した・・・のが悪かった!
諺通り、喉元過ぎれば熱さを忘れる。
その後油断してしまい、度重なる日頃の不摂生がたたり元の木阿弥・・・である。

検査日を予約した時も少々時期の早さに慌てたが・・・「1カ月以上あるし、なんとかなるだろう」と
高を括っていたのであるが、結局のところ検査の週にも火曜、水曜と連チャンで飲み会に参加してしまった。

今朝、検査当日に慌ててプルームとの散歩をジョギングに切り替えハッスルしたのであるが、無駄な努力である。それを分かっていながら行動してしまう自分が哀れに思えてならない。

ジョギング後に美味しそうに水を飲むプルーム、羽パパは検査まで水が飲めないことに今更のように気が付き、なんとなくプルームまでが憎く見えた。

午前7時45分に病院に到着・・・自分の生年月日を間違えるほどドキドキで受付を済ませる。

最初の検査は血圧脈波検査???動脈硬化の程度を調べる検査と説明される。
結果は正常範囲で血管の硬さは40代前半・・・とりあえずホッとして喜ぶ・・・何故かと言うと
ここで喜んでおかなければ他に喜ぶところが無いからである。

心電図、腹部・心臓エコー検査、尿検査、血液検査(マーカー検査)、胸部X線検査、胃カメラ検査と順調に検査は進み、検査は無事終了。拍手

検査は無事に終了しても結果は無事では無い・・・早急な要治療は無いにしろ50年近く使っている身体は要注意マークのオンパレード打上花火*スターマイン青(2008) †SbWebs† 再精密検査で来週の腹部MRI検査予約のおまけ付き!

院長ご夫妻とはご近所同士の羽パパ・・・検査結果悪かったら電話するからね・・・と院長先生。

お昼過ぎには判明する血液検査結果に脅えながら病院を後にした羽パパでした。

 

大空へGo!Go!

9月9日(水)

2009.9.9 003今日も早々と午前中で仕事を終えた羽パパは、羽ママと二人で村山貯水池(多摩湖)堰堤の散歩を楽しむことにしました。。この風景は新東京百景にも選ばれた村山貯水池一号取水塔で大正14年7月に完成したものです。この直ぐ右側に二号取水塔があります。外観は同じような造りですが完成は昭和48年2月と新しいものです。
堰堤の上に立ち止まり湖面を眺めると、肌に当たる風は冷たくてとても心地よく感じます。
しばらく観察していると大きな鳥を見つけました2009.9.9 005蒼鷺の幼鳥のようです。
近くでは親鳥が羽ばたきを教えているようで、飛び立っては近くに戻り心配そうに見守っています。
2009.9.9 008親鳥のデモンストレーション飛行。左羽の風切り羽が抜けているのと頭が白いのが目印です。
心配そうな親鳥は幼鳥の前を行ったり来たり飛んでいます。2009.9.9 015
2009.9.9 020ところが幼鳥は知らんぷりです。羽パパ&ママはこの幼鳥にコッピーという何処かで聞いたようなニックネームを付けました。子供のピヨピヨでコッピーです。

コッピーがんばれ!羽パパ&ママの声援が届いたのか羽ばたきを始めました。
2009.9.9 024神が与えたとても美しい羽です。2009.9.9 025大きく羽ばたき
みんなをワクワクさせて!2009.9.9 028止めた・・・見物客どよめく
教育熱心な親鳥は2009.9.9 029流石の見事な飛行2009.9.9 032

なかなか飛べない蒼鷺コッピーの姿が我家の出来の悪い息子の面影と重なったようで

「こんなに涼しいならプルームも連れてくればよかった」と羽ママ。

「じゃあこれから迎えに帰ってムックとプルームと散歩しようか」羽パパの提案に羽ママも賛成!

ムックとプルームを車に乗せ、再び多摩湖堰堤まで歩き始めます。

2009.9.9 047ムックファンの皆様お待たせしました。ムックちん久々の登場です!
プルームと先を歩く羽パパはヤマカガシ発見2009.9.9 048またピンボケですが30センチ足らずの可愛い奴でした。
2009.9.9 052何時もはお昼寝の時間のムックはまだ少し寝むそうですね。
いつも元気爆発のプルームは太陽広場でのんびりとムックを待ちます。2009.9.9 053
爽やかな秋風の中、宅部池の堰堤を歩き秋の臭いを嗅ぎながら多摩湖堰堤までの最後の坂道を
上ります。
ムック頑張れ!2009.9.9 065なんだか羽ママの方が辛そうですね。
堰堤では先ほどの蒼鷺の親が幼鳥の前で滑空を続けています。2009.9.9 068
コッピーも親鳥に促されて飛ぶ準備が整ったようです。しかし・・・2009.9.9 070落ちた・・・
2009.9.9 071顔から突っ込んだので小魚を狙ったようにも見えた事もコッピーの名誉の為にもみなさんに伝えておきましょう。
目の前の大空はまだまだ遠い蒼鷺のコッピーなのでした2009.9.9 076頑張れコッピー!
























銭湯・・・その2

9月7日(月)・・・の日記

今日、羽パパは会議のため珍しく残業・・・
退屈な仕事を終え、会議までまだ時間があったので銭湯に行くことにした。
先日の「銭湯」にも記したように所沢市に銭湯は二軒しかない。
この前は「沢の湯」に行ったので。今日は「弘法の湯」に行くことにした。
これで所沢の410円で入浴できる銭湯を制覇することが出来るのだ!

タオルと石鹸をを自転車の前カゴに放り込み、高層マンションの建設ラッシュが続く銀座通り商店街を抜けて、金山町へと自転車を漕ぎ出した。
やがて細い路地に入ると建物の間から銭湯の煙突が見えてくる。
2009.9.6弘法の湯 001なんだかパッとしない写真だけど、煙突の左側に飛行機が写っていてカッコイイから採用しました。
羽パパは煙突上部のマークを鮮明に撮影したくて、銭湯の前に建つアパートの外階段を無断で
上り、決死の撮影!
2009.9.6弘法の湯 004弘法の湯の文字の上の温泉マークもなんとか撮影成功!
コンパクトカメラなのでこれが限界!本格的なカメラを持って住宅地をウロウロしていると怪しまれるので、この程度でヨシとしましょう。
実はこの時もアパートの住人から睨まれてました。
羽パパは「いや~ いい煙突の写真が撮れたな~~」なんて意味不明の独り言を言いながら
銭湯に消えて行きます。

2009.9.6弘法の湯 003  2009.9.6弘法の湯 005所沢市金山町15-19 弘法の湯
入口の下駄箱はお約束通り松竹錠、写真左には松竹錠のかさ箱も設置されていました。

番台にはおばさんが座っていた。沢の湯はおじさんだった・・・(沢の湯はおばさんの時もある)
弘法の湯は番台に向い左側が男湯で右側が女湯だった。沢の湯は逆である・・・
沢の湯慣れしている羽パパは危うく女風呂に入るところであった。

上記の課題に対しその確率は・・・な~んだ 二軒だから五分五分か・・・研究材料にもならない

お風呂の種類は・・・
風呂の底から細かい気泡を発生させるミクロバイブラ、足腰にジェット水流を当てる気泡マッサージ風呂、肩の部分にジェット水流を当てる肩マッサージ風呂、電極に近づくとビリビリ痺れる電気風呂が設備されているのだが、一つの浴槽に集約されている忙しい風呂である。

薬湯は宝寿湯と言って天然の生薬風呂で高麗人参の香りがプンプンする風呂である。

もちろんサウナも設備されているが別料金300円也!やはりサウナタオルはステータスなのだ!
毎週金曜日はサービスデーで入浴+サウナ料金500円で利用できるそうだ。

そー言えば金曜日は沢の湯の定休日だったね・・・なかなか考えたねぇ・・・

のんびり湯船に浸かりながら眺める富士・・・ここからの富士山の眺めは素晴らしい。









案山子コンテスト

里山民家の岸たんぼでは案山子コンテストが開催されていました。
可愛い案山子たちが雨の日も風の日も大切なお米を守っています。

そんな案山子たちの写真をご紹介します。

2009.9.6里山民家 016いきなり登場!かよ・・・

健気に稲を守るアヤカちゃんと、羽パパを悪い虫から守る羽ママの登場です。   

気を取り直してどんどん行きましょう!

全て楽しい作品ばかりですが、切りが無いので羽パパと羽ママ其々のお気に入りの案山子と
努力賞、そして羽パパ&ママ的総合優勝作品を紹介させていただきます。

実際のコンテストの結果とは異なりますのでご勘弁を・・・

羽パパ賞を紹介します・・・2009.9.6里山民家 041 かのちゃん 2009.9.6里山民家 042髪飾りがカワイイ

羽ママ賞に輝いたのは・・・2009.9.6里山民家 045文三郎君です!質実剛健!責任感に満ちている表情が素敵!・・・とは羽ママの談。俺!稲守るぜ! 

努力賞に輝いたのは・・・2009.9.6里山民家 047はれはれちゃん。顔のパッチワークが凝っているし右手のおむすびがカワイイ!

そして羽パパ&ママ的総合優勝は・・・2009.9.6里山民家 055 ともだち これにはやられた!

里山民家かかしコンテストは9月30日まで開催されているそうです。
楽しい案山子が沢山展示されていますよ!散歩がてらにいかがですか?















里山散歩

9月6日(日)

羽ママとグルメ旅を楽しんだ後に、野山北・六道山公園の里山民家に立ち寄ってみました。
今日はどんな発見があるのか楽しみな羽パパ&ママです。

2009.9.6里山民家 002里山民家はまだ夏の日差し、沢山の子供達で賑わっているようです。
虫取りやザリガニ釣りをする子供達の楽しそうな姿が見られます。
草むらを歩くたびに沢山のバッタが飛んで逃げて行きます。蝉達も夏の終わりを惜しむかのように
鳴いています。

羽パパ達は尾根道を田んぼの小川に沿って歩き始めました・・・

尾根道の入口の桑の木にカミキリ虫を見つけましたが飛んで逃げていってしまいました。
その桑の木の少し向こうの木の上で羽音がするので雑木林を用心深く覗いて見ると地上5メートル程の高さでしょうかスズメバチの巣を見つけました。

2009.9.6里山民家 003好奇心旺盛の羽パパは勇気を出して接近!2009.9.6里山民家 005
どうやらモンスズメバチのようです。このように木の割れ目のような樹洞に巣を作ることが多いようで、クヌギなどの樹液によく集まり、幼虫の食料として蝉を狩るといいます。

性格はかなり攻撃的のようで羽パパの接近に気が付くとご覧の通り2009.9.6里山民家 008
ブンブンと羽音を立てて巣穴からゾロゾロと蜂達が出てきて威嚇を始めました。
羽パパ&ママ、退散・・・さよなら

2009.9.6里山民家 009野山北・六道山公園の里山民家には「岸たんぼ」という水田地帯があり
ボランティアの方々が稲作を体験しながらお米、もち米、古代米などを
栽培しています。その水田は無農薬栽培なので沢山の生き物が集まり、
生態系を成しています。鳥避けの案山子が大活躍する田んぼの周辺を
のんびり散策することにしましょう。

これで怖い怖いスズメバチともお別れ出来るので、羽ママも一安心です。

トンボも沢山飛び交います。これはナツアカネ2009.9.6里山民家 010

田んぼに目を凝らすと・・・
2009.9.6里山民家 011トノサマガエルと視線が合ってしまいたした。
このトノサマガエルも近年では非常に数が減った種類の一つです。
自然環境の変化による生息環境の減少と稲作方法の変化が理由に挙げられています。稲作方法の変化による減少の理由として、稲の根の発育を促進するための「中干し」という作業が原因とされているようです。中干しとは稲の根の生育促進のため水田の水を1週間ほど引いてしまう作業のことを言います。同じ蛙の種類でもアマガエルは成長が速く、中干しの時期には手足が生えて陸上生活にも適した体形になるのですが、成長の遅いトノサマガエルはオタマジャクシのまま中干しの時期を迎え、干からびて死んでしまうのです。対策として田んぼの排水口の部分を少し掘って、水溜りを残してやることでオタマジャクシが生き残ったというニュースを見た事があります。
羽ママと畦道を歩くと無数のイナゴが飛び交います。2009.9.6里山民家 013

2009.9.6里山民家 017イナゴ君の大好物 足元にはエンマコオロギ♀2009.9.6里山民家 021

小川に架かる小さな橋ではシオカラトンボが羽根を休めています。2009.9.6里山民家 022

更に水辺では2009.9.6里山民家 023イトトンボのペア。アオイトトンボかな?種類はわかりません

羽ママが蝶を見つけました。羽ママ感動のとても綺麗な蝶2009.9.6里山民家 024
2009.9.6里山民家 026アカボシゴマダラ(マダラチョウ科)

畦道をよく見ると動物の足跡・・・2009.9.6里山民家 0274本指の可愛い足跡はたぬきでしょうか?
後ろ側の足跡が外側(手前側)にずれているので、右前足と右後ろ足の足跡だと思います。
草むらにヒバカリ(蛇)が逃げ込みましたが写真撮影失敗!残念!

2009.9.6里山民家 028土日は子供達に狙われて大変だよ~訴える眼差しのアメリカザリガニ君

小川を覗くと・・・2009.9.6里山民家 039可愛いどじょうの姿が見えました。

これはクサギの実2009.9.6里山民家 035葉を揉むと独特の臭気がすることから「クサギ」と名付けられたそうです。散策をしていて葉を踏んだだけでも分かるそうなので、よほど臭いんでしょうね。

さあ、そろそろ帰るとしますか・・・初秋とはいえ日差しを浴びて、とても楽しい散策が出来ました。
ムックとプルームの待つ家に帰るとしましょう。









二時間足らずのグルメ旅

9月6日(日)

今日は羽ママのリクエストで美味しい手打ちうどんを一緒に食べに行くことになった。

本当は昨日の約束だったのですが、羽パパの仕事が終わった時間が午後2時になったしまったので、今日になりました。みなさんは午後2時ならば・・・とお思いになるかもしれませんが、手打ちうどん店の営業時間は午前11時頃から午後2時位までで、売り切れ御免のお店が多いのです。
営業時間や定休日はお店によって様々ですが、日祭日が定休日というお店も圧倒的に多く、
羽パパはお店選びに四苦八苦です。

美味しい手打ちうどんを食べた後に甘味があって、その後はデザートかぁ・・・

羽ママを助手席に乗せ多摩湖畔を走り武蔵村山方面へ・・・羽ママは「満月うどん」と思い込んで
いるようですが今日は違いますよ・・・

2009.9.6 003今日のお店は・・・石臼挽き地粉使用自家製粉 「村山うどんの会」加盟店
 味工房 すだち家
武蔵村山市伊奈平5-58-17 
電話042-560-3960
このお店で美味しいうどんをいただくことにしましょう。
店の前と横に駐車場があり、そこに車を止めて店内に入ると直ぐに発券機があるので食券を購入します。最近、老眼が進んだ羽パパは食券機が苦手ですが文字も大きく親切設計で一安心・・・

店内はカウンター席が6席、二人掛けテーブルが1席、小上がりの4人掛けが3席と奥にも座敷があるようです。(奥座敷は未確認)羽パパ&ママは小上がりの座敷に座りました。

メニューはご覧の通り2009.9.6 002   2009.9.6 001
羽パパは肉汁うどん4玉、羽ママはカレー汁うどん1玉を注文します。羽ママはこの後の甘味とデザートのためにセーブしているようです。

テーブルの横には新聞に紹介された記事2009.9.6 006 何故か?山梨日日新聞?や、
うどんの美味しい食べ方虎の巻2009.9.6 005が、さり気なく貼ってある。
お店の方からクドクド食べ方を説明されるよりズッと気楽です。絵文字名を入力してください
先ずは羽ママのカレー汁うどんの登場!アップロードファイル2009.9.6 0111玉のうどんが申し訳無さそうに盛られています。
お次は羽パパの肉汁うどんの登場!ぱちぱち2009.9.6 009上げ底なしの見事な盛りです。
肉汁も熱々で美味しそうです。

話しは前後しますが、うどんが出来上がる前に気になるメニューを見つけました。
トッピングの欄を見ると「田舎饅頭」の二文字が輝きます。実は今日の甘味はこれなんです。
2009.9.6 007カウンターの上に自家製田舎まんじゅう 100円の文字とお盆に並ぶ饅頭が見えては羽パパ我慢出来ません。
200円を握り締め2個買いました。コルクの蓋のガラス瓶が置いてあり、
そこにお金を入れて自分でお気に入りの饅頭を選ぶシステムでした。
みなさん自己申告とのお話でした。
うどんを茹でるご主人は職人気質で無口ですが、女将さんとフロアの女性はとても気さくで感じの良い方で、羽パパが饅頭を手に取りニコニコしていると女将さんが「もう直ぐうどん出来上がりますよ」と笑顔で羽パパに話しかけます。「おやつは後にしなさい!」母親にもよく言われました・・・

さて、うどんの味ですが正に新聞の評価通り!カレー汁も美味しかった!羽パパ&パパ満足です。

さあ、次に自家製田舎まんじゅうをいただいてみましょう。
2009.9.6 013驚いたのが中の餡子が美味しい!絶品!
羽ママはお土産にもう一つ買って店を後にしました。ごちそうさまでした。

さてさて、次は羽ママ待望のデザートのお店に参りましょう。

すだち家さんから車で数分、羽ママも知らないアイス工房に到着です。

2009.9.6 015アイス工房 ヴェルデ
武蔵村山市三ツ藤1-80-3
電話 042-560-6651
HP.http://www.ice-verde.jp/
場所を簡単に説明するとヤマダ電機武蔵村山店の道路向い側になるのですが、少し奥まった場所にあるので、なかなか見つけるのが難しいアイスクリーム専門店です。
駐車場は広々としていてログハウス調の素敵なお店2009.9.6 016店内のテーブルの他に、テラスでも美味しいアイスやジェラートを食べることができます。
2009.9.6 019お子さんが厭きないようにブランコもあります。羽ママも乗りたかったみたいですね。
入口には季節のお薦めメニューが・・・どれも美味しそう2009.9.6 017
悩んだ結果、羽パパはミルクとマンゴーシャーベットのダブル2009.9.6 020
羽ママはブルーベリーと焼きリンゴのシャーベットのダブル2009.9.6 021二人で美味しくいただきました。

こだわりの契約生産者によって丁寧に収穫された自信のある素材で作られたアイスはと~~っても
美味しかったです。

まだ家を出てから二時間足らずですが、とても楽しいグルメ旅が出来ました。

さあ、お腹もいっぱいになったし、腹ごなしに野山散策を楽しむことにしましょう!
羽パパ&ママは六道山公園 里山民家に向かいます。

この続きはまた明日・・・


























日陰の犬

9月5日(土)
日に日に秋深まる気配ですが、まだまだ夏も負けてはいません。
暑さ寒さも彼岸まで・・・せめてお彼岸まで頑張ろうと必死の抵抗で今日は夏の気配。
何時ものように涼しい時間にドッグランへ・・・と予定していたのですが羽パパにしては珍しく
午前中は仕事でドッグラン到着は気温も上がり始めた午前11時30分となりました。

誰かお友達がいるかな?・・・期待したのですが、残念!

スタッフの方が「今までちゃぶちゃんが居たんですよ」と教えて下さる。
プルちゃんには残念でしたが、君のご飯を買うために午前中働いたんだから勘弁してね・・・

ここ数日は日によって寒暖の差が大きく体調管理が難しい・・・それは犬とて同じ事のようだ。

プルちゃんはドッグランでも日陰しか走らない

2009.9.5 025日陰では元気に走りますが、日向に出ると何故か急ブレーキ!

お澄まし写真も木陰でパチリ! 2009.9.5 033
羽パパはこちらの笑顔の写真の方がプルちゃんらしくて可愛い2009.9.5 035
2009.9.5 040秋の爽やかな暑さもプルちゃんには酷暑のようで木陰で休憩です。
木陰に居てもハァハァと息を切らすプルちゃん、そろそろお水を飲んで帰りましょう。
プルちゃんのお水の飲み方は何時も変・・・2009.9.5 038
ハァハァと息を荒げながらもマズルまで水に沈めて息を止めて命懸け・・・
時々心配になりますが心配しながらも、この変な飲み方が可愛くてしょうがない羽パパでした。



銭湯

近年では天然温泉を売りにした郊外型入浴施設が人気であが、街中には地元に溶け込んだ昔ながらの銭湯もその数は減少しながらも経営を続けている。

ここで言う銭湯とはいわゆる「お風呂屋さん」のことを言う。
その定義は埼玉県公衆浴場業生活衛生同業組合に加入していて、入浴料が大人(中学生以上)が
410円で入浴できるものを指す。(注:公衆浴場業生活衛生同業組合は全国にありますが、ここでは羽パパの住む埼玉県の組合の表記とさせていただきました。)

現在、所沢支部では寿町の「沢の湯」金山町の「弘法の湯」そして狭山市入間川の「入間川浴場」の
三軒だけになってしまったようだ。(平成21年5月現在)

平成20年12月31日現在の埼玉県の銭湯の数は95軒。
川口市が一番多く18軒、続いてさいたま市の15軒、戸田市7軒、蕨市と越谷市の6軒
朝霞市と鳩ケ谷市の4軒・・・所沢市は2軒である。
組合加入が3軒なのは狭山市の銭湯が1軒なので組合として成り立たないため所沢市と統合されたのだろう。

羽パパ&ママは季節の節目に時々ではあるが銭湯を利用させていただいている。
こどもの日の菖蒲湯、冬至の柚子湯などは楽しみの一つである。
1月2日は朝湯の日で早朝から営業している。

それ以外にも羽パパは仕事帰りに気軽に利用させていただいているのだ。

羽パパの自転車通勤路にある銭湯は寿町の「沢の湯」である。2009.9.3 001

銭湯の怪しい雰囲気が羽パパは大好きなのだ。

別に銭湯と言う職業や場所が怪しいと言っている訳ではないので誤解しないで欲しい。
子供の頃、自宅のお風呂が壊れた時などに数日通った銭湯の思い出が怪しい思い出として
記憶に残っているのである。

更に誤解のないように説明すると・・・銭湯の脱衣所にこんな詩が掲載されているのを
御存じだろうか?
2009.9.3 003銭湯すたれば 人情もすたる
銭湯を知らない子供たちに
集団生活のルールとマナーを教えよ
自宅にふろありといえども
そのポリぶろは親子のしゃべり合う場にあらず、たゞ体を洗うだけ
タオルのしぼり方、体を洗う順序など
基本的ルールはだれが教えるのか
            われはわがルーツをもとめて銭湯へ
詩人の岡村 隆一氏(故人)は銭湯をこのように表現しています。(毎日新聞より)

子供の頃は何処にも怖いおじさんが居て、悪い事をすると誰彼となく怒鳴られたものである。
でも普段はとても優しいおじさんなのだが、怒鳴られた記憶がトラウマになって何故かそのおじさんが現れるとよい子に変身したものである。正に先手必勝の典型である。

銭湯の男湯の狭い空間では逃げ隠れも出来ない、子供ながらに正に男と男の裸の付き合いを
経験して来た場でもある。

それが怪しい記憶となって銭湯を懐かしみ、たまにではあるが銭湯に足を運ばせるのであろう。

銭湯はふれあいや教育の場でもある。

入口を潜ると松竹錠の下駄箱がある2009.9.3 004
常連さんは自宅に帰るように玄関にサンダルを脱ぎ棄て、下駄箱など使わない。

「ふふ~ん、アイツ下駄箱を使ってるな」羽パパはなんだか素人に見られているようで恥ずかしい。

番台の前では常連さんが無料のマッサージチェアに陣取り、大声でおしゃべりをしているのだが
おしゃべりをしながらも羽パパへのチェックは欠かさないようだ。

番台では予めお釣りのいらないように小銭を用意しておき、ポケットの小銭を全部出したら
410円にしておくのがポイント!自前のタオルと石鹸を見せるのもコツである。

そうすると・・・「なんだ、アイツ玄人じゃねえか」と視線から解放されるのである。怪しい!

脱衣場に入るといきなり指名手配写真などが壁にベタベタと貼ってあるが驚いてはいけない。

アナログの体重計を見て、小学校の身体測定を思い出して懐かしんではいけない!この世界では
当然の風景なのである。

おまけにもう一つ、10円を入れて10分間使用出来るドライヤーを見て「レトロ~」とか言っては
かえって時代錯誤なのである。この世界では当然の風景なのだ!

銭湯はお客を選ばない。どんな年齢層でも赤ちゃんでも、国籍も問わない。
身体にシールが貼ってあろうが絵が描いてあろうがみんな平等に同じ湯船に浸かる。

小学生以下は遠慮していただく温泉施設も有る中で、今日もお父さんと湯船に浸かる
幼い女の子の微笑ましい光景が見られた。
ちなみに規約では10才以上の男女を混浴させてはならない・・・とある。

羽パパも浴場に入り玄人はだしの手さばきで黄色い湯桶を手に取り、風呂に入る。
身体を洗い終え、湯船に浸かる順番には人其々のこだわりがあるようだ。羽パパの場合は・・・

先ずは座型ジェットバブル風呂で全身マッサージでリラックス、頭の部分には冷水枕があり
気持ちが良い。
続いて変わり風呂、日によって入浴剤を替えてお客を楽しませている。因みに今日はワイン風呂であった。
その次が赤外線風呂・・・である。これが怪しい!浴槽の中で赤いランプが点いていて、バブルバスになっている。謎である。湯注口には大きな石(トルマリン鉱石?)が置いてある。ますます怪しい!

最後の仕上げは森林浴風呂で、その風呂だけはフィトンチットを逃がさないため、サッシで囲われている。しかし湯船はつながっていて、子供の頃はよく潜って遊んだものである。

この四種類の風呂に百数えるまで浸かると結構ヨレヨレになる。

もちろん!サウナもあるのだが別料金で、その金額を払うと黄色いサウナタオルが渡されて
そのタオルを持っている人達だけがサウナを利用できる。まさに黄色いタオルはステータスである。

火照る身体を拭きながら脱衣所でテレビを見て汗が引いた頃に番台の暖簾をくぐり、番台のおじさんに「どうも!」と挨拶して休憩室で賑やかにおしゃべりをしているおじさんにも軽く会釈をして帰ろうとした時、おじさんに「気を付けて帰れよ~」と声を掛けられた。

素人を見抜かれていたのかな? なんだか嬉しいような恥ずかしいような複雑な気持ちで家に向ってまた自転車を漕ぎ出した。





















手打ちうどん ごん兵衛~羽パパのお気楽で多忙な一日

9月2日(水)

今日の天気はどんより曇り空。
今にも雨が降り出しそうな空を眺めながら、ムック、プルームと朝の散歩を楽しむ。

プルームは自ら車の方に向って歩き、「ドッグランに行きたい」と言う意思表示をする。

親バカな羽パパはそんな行動を見ると胸キュンで「連れて行ってあげたい」そんな気になる。

名役者プルームの演技勝である・・・

しかしながら間もなくして霧雨が降り出した・・・実は羽パパも予定があったのでちょっとラッキー!
プルちゃんにはドッグランを諦めてもらいましょう・・・

実は羽パパ、今日は「手打ちうどん ごん兵衛」に行く計画をしていたのである。
思い起こせば8月5日・・・ごん兵衛にやって来たのだが生憎お盆休みであった。
8月は毎年全休と教えていただき已む無く退散・・・諦めの悪い羽パパは「手打ち蕎麦 奈佳一」に
向うも又しても運悪くお盆休み・・・しかし「お食事処 にしやま」の西山名物ジャンボロースカツ定食に巡り会い、傷心した心を癒されたのである。

ごん兵衛のおばちゃんとの約束「9月になったら必ず来るからね」を果たすため遥々埼玉県日高市まで車を走らせた。

入間市までは雨が降っていたが、飯能市に入ると雨は止んだ。

プルームとドッグランに行けたかなぁ・・・プルームの笑顔と申し訳ない気持ちが脳裏を過る。
仕事ならばパッと忘れられる羽パパであるが、やはりプルちゃんには弱い。

そんな事を考えながらも羽パパはごん兵衛に車を走らせる。人は薄情な生き物なんだねぇ・・・

2009.9.2 004手打ちうどん ごん兵衛
埼玉県日高市南平沢408
電話 0429 89 2442
営業時間 11:00~20:00(たまに昼休み有り)
定休日 木曜日(不定休有り・要電話確認)

何故、羽パパが「ごん兵衛」に拘るかと言うと、この店のうどんは農林61号100パーセントであると
聞いたからである。この希少な地粉を数社の製粉業者の協力で仕入れているそうだ。

地元の昔ながらのうどんを残したい一心で専業主婦から脱主婦してうどん屋の女将さんに転身
したとのこと。お店は大工さんであるご主人の作品。

一か月ぶりにおばちゃんと再会!・・先月の約束の話をすると・・・忘れっぽいもんでねぇ
・・・まあ、そんなもんである・・・

元気を取りもどしてカウンターに座り「肉汁うどん大盛り」を注文した。

四人掛けテーブル二席、二人掛けテーブル一席とカウンター四席のこじんまりとした店内は
開店時間には満席になった。

忙しさから店の暖簾を出すのを忘れてうどんを茹で始めたので、やって来るお客さんは
「もう終わりですか?」と聞きながら店に入ってくる。
慌てて暖簾を出すその姿を見て、お客全員が笑顔になった。

注文を受けてからうどんを茹で始めるので少々時間は掛かるのだが、顔を会わす度に
「もうすぐ茹りますから」とお客への気配りを忘れない。

一人で切り盛りする厨房で忙しそうに調理をして、出来上がったうどんを丁寧に其々のテーブルに
運ぶ。
待たせちゃってごめんねぇ~ そう言いながら羽パパの座るカウンターにうどんが運ばれて来た。

2009.9.2 001艶々として滑らかなうどんでありながら、コシはしっかりとしている。
やはりツルツルと食べるのは困難だが、噛むほどにうどんの美味しい香りが口中に漂う。肉汁の具は豚肉、玉葱、しめじ、茄子、人参と嬉しい具沢山で十分に煮込まれており、辛目の汁であるが、野菜の甘味で優しく感じる昔ながらの懐かしい肉汁である。汁椀に隠れて見えないが、薬味は刻み葱と胡麻が添えられ、箸休めに出汁巻玉子、糧には茄子が添えられている。
この艶々をお見せしたくてアップにしてみました。2009.9.2 002お分かりになりますか?

うどんを美味しく食べていると「待たせちゃったからね。これ食べて」と全員に自家製糠漬のサービス
2009.9.2 003これがまた美味い! 
隣のテーブルでキムチをつまみにビールを飲むおじさんが羨ましい!

2009.9.2 005美味しくうどんを食べてのお勘定は650円也(肉汁うどん並盛り550円)、値段以上の満足感で店を後にします。自分達が食べていた昔ながらのうどんをみんなにも食べてもらいたい気持ちで始めたというこのお店。本当に懐かしい心温まるうどんをいただきました。
いつまでもお元気でうどんを打ち続けて下さいね!

お腹も心も満足した羽パパは曇り空を見上げながらプルちゃんの笑顔を思い出し、これから帰れば
ドッグランに行けると考え、県道30号線を飯能方面に向い車を走らせます。

ところが羽パパの悪い癖で気になる看板を見つけてしまいました。2009.9.2 011
湖畔のやすらぎ 宮沢湖温泉 喜楽里(きらり) 別邸 

この別邸と名付けた妙は素晴らしい。箱根の高級旅館を連想させ、この漢字二文字だけで
集客力はアップしているに違いない。

プルームゴメンよ!羽パパは看板に釣られるように駐車場に車を止めてしまうのでした。
平日というのに駐車場に止めてある車の台数は相当なものです。

2009.9.2 006泉質はアルカリ性単純温泉で泉温は32.4度。
湧出量は毎分67リットルでpH9.5
源泉風呂は加温・湯張り時のみの加水はあるものの、掛け流し温泉である。内風呂は高濃度炭酸泉を再現しており、湯船に浸かると身体に細かい気泡が付く。そのほかにも寝転び湯、展望サウナがあり、露天風呂から望む宮沢湖は絶景である。スパ&リゾートになっているので別料金で温熱房&岩盤浴やボディケア、アロマエステのコーナーやお食事処も完備されている。

プルちゃんに申し訳ないと思いながらもしっかりと入浴してそろそろ帰るとしましょう。

せめてもの罪滅ぼしに武蔵藤沢のペットフォレストに寄って、ムックとプルちゃんにおやつを買って
帰ります。もちろんゴンゴンにも忘れてはいません。

ムックには一ヶ月遅れのお誕生日プレゼントの豚耳を買って、プルちゃんのサプリメントも
買って帰りましょう。

この時の勘違いは、犬用品を選んでいる時間を犬と共有していると考えてしまうことです。
「犬のために・・・」と楽しく買い物をしている時間も犬達は部屋で我慢しているのですから・・・
そんな事を考えながら慌てて家に帰ったのが午後2時・・・待ちかねたムックとプルームと
庭で遊び、お詫びに今日は何時もと違う趣向を考えるとしましょう。

可愛そうですがムックはお留守番でプルームと久しぶりに八国山を歩くことにしました。

木の葉が鬱蒼と茂る森の中を歩くプルちゃんはとても嬉しそうです。
2009.9.2 014ただただドッグランで一人で遊ばせ、自由に放牧するよりも一緒に楽しみながら歩くのもワンコには楽しいのかもしれません。
最近、胸焼け気味のプルちゃんは牛のように草を食みながら叱られ叱られ前進を続けます。

彼らの領域に近づかないようにスズメバチ飛び交う尾根道を注意しながら歩きます。

北山公園の蓮池では蓮の花が咲いていました。
2009.9.2 018花の中心の花托(かたく)が蜂の巣に似ているので蜂巣(はちす)と呼ばれ、それが変化して蓮(はす)になったと言われます。[はちす]とカナ入力し変換すると「蓮」という文字が現れるので信憑性大であります。
花言葉は「沈着」「神聖」「雄弁」「過ぎ去った愛」「離れ行く愛」 
花の命は僅か4日だそうです。

2009.9.2 020


開花初日は午前6時頃から開き始め、3~4センチ開いた後、午前8時頃には蕾に戻ります。

蓮の花が咲くときは「ポン」って音がするんだよ・・・

プルちゃんにそんな眉唾事を話しながら散歩を続けます。

千葉県検見川の1200年頃の地層から大賀一郎博士によって発掘された種子から得られた
大賀蓮(2000年蓮)で、蓮の花が開花するときに音がするのか実験されています。
開花時の振動を500倍に増幅して測定しましたが、花弁の擦れ合うごく僅かな振動があるだけで
開花音はしないことが科学的に証明されてしまいました。

蓮の開花音として誤認されたのは、鯉の口のパクパク音や魚や蛙の音ではないかとは博士の談。

横浜三渓園の早朝観蓮会の方も蓮の開花時の音は聴いたことが無いそうだし、不忍池の蓮見茶屋の方も50年ここに居るが聞いたことが無いと言う。

科学的に証明されてしまった以上は本当に眉唾話しだったのでしょうか?・・・

調べるうちに一筋の光明を見つけることが出来ました。
先ほど登場した三渓園の隣の植木屋さんの話なのですが・・・

その植木屋さんは夏祭りの警備で徹夜をしている時に、蓮の花の最初の開花で空気が噴出するような「シュワ」とか「シュポッ」という音を聞いたことがあるというのです!

羽パパはこっちの話しの方が夢があって素敵だと思う・・・

2009.9.2 017歩き疲れて稲穂のように頭を下げて歩くプルームと帰り道をのんびり歩く。

頑張れガンバレ!プルちゃん頑張れ!

疲れて笑顔を見せないプルームに声援を送ると一生懸命笑顔で答えてくれる姿が可愛く可笑しい。

約二時間の散歩を終えて家に帰ると羽ママが待っていた。
「疲れたんだよ~」と羽ママに甘えるプルームも満足してくれたかな?

羽パパも疲れた~後は夜の散歩を残すのみ・・・それで羽パパのお気楽で多忙な一日は終わる。

その日の夜の散歩で既に太ももの裏が筋肉痛の羽パパに対して、ピョンピョンと飛び跳ねながら
余裕で歩くプルームにちょっと嫉妬した羽パパでした。













年齢制限

2009衆議院選挙の投票日の日曜日は天気予報では午後から雨が降ると言うが、明け方は雲の間から青空が覗いていた。
今日、羽ママはボル友と富士急ハイランドに遊びに行く日なので羽パパはムック、プルームとお留守番である。

羽ママを助手席に乗せ、雨おんなの本領発揮をしないように祈りながら集合場所まで車で送り届けた。集合時間は朝7時30分であるが、約束の時間の20分前には集合場所に到着した。

羽ママは注目の衆議院選挙の不在者投票は済ませている。

何時もワンコの世話や仕事で大忙しの羽ママにゆっくり楽しんできてもらいたい・・・

帰りも迎えに来るからね~~遠慮しないで電話しな! そんな言葉で見送る・・・

羽パパも投票を済ませてからプルームとドッグランに遊びに行き、遊んでいると空から雨粒が落ちてきた。霧雨のように密度が濃く、しかも粒が大きい・・・厄介な雨である。

羽ママ、降られてるかなぁ~

羽パパとプルームはドッグランのお友達とお別れの挨拶をして退散・・・

のんびりと休日を過ごし、やがて日が暮れて夜の7時頃に羽ママからメールが届く。

仲良しメンバーでの遊園地での楽しかった様子がメールからも伝えられてくる。

只今、渋滞中・・・運転手のクララママさんご苦労様です。

8時45分・・・着いたよ!  羽パパは雨の463号を走り朝の集合場所まで迎えに・・・

本当に今日一日みなさんありがとうございました~ 

帰りの車の中でも興奮覚めやらぬ羽ママは楽しかったエピソードを一生懸命に面白おかしく
羽パパに話す・・・のだが実は羽パパさん、富士急ハイランドの遊園地に行ったことがないのである。
スケートリンクならば経験はあるのだが、遊園地は未経験なのでイマイチ話が盛り上がらない。

南京亭でラーメンを食べながらも話は続く・・・

羽パパ、遊園地が大好きな中年であるのにお恥ずかしい・・・

てっこつバンチョー ってナニ? 情報にも疎い
羽ママからお土産に「ええじゃないか」のロゴ入りクッキーを貰ったのであるが、羽パパは何のマークであるか・・・そしてどんな乗り物かも知らなかった。クッキーは美味かった・・・

家に帰り選挙の開票速報をテレビで見ながら 富士急ハイランド[検索]してみる。

鉄骨番長・・・乗ってみて~~  でもしかし・・・

最新のアトラクションの情報収集をしていると、乗車制限や年齢制限の表記に気が付いた。

鉄骨番長は64歳まで 余裕・・・

TONDEMINA と FUJIYAMA は59歳まで フムフム・・・

ええじゃないか と ドドンパ はナント54歳まで!今回選任されるであろう政党が無事に任期満了すると仮定して、次の衆議院選挙までに乗らないと年齢制限に引っ掛かってしまう羽パパなのでした。


今朝、「ママさんだけで遊園地へ行こうビックリオフ」に羽ママを誘って下さったかりんこのHPで、
その時の写真を拝見した。

どれも楽しそうな写真ばかりで、みんなの顔は隠してあるけど笑顔は想像できる。
ええじゃないか に乗った後の髪の毛無修正写真は怖いだろうな~~ 

その中の1枚に「戦慄迷宮」の建物の前での記念写真が掲載されていた。おばけ

写真にみんなの笑顔を当てはめると、お化け屋敷の前・・・と言うよりも、横浜中華街での
記念撮影に見えてしまうのは羽パパだけでしょうか?肉まん  ごめん


















季節の移り変わり

プルームが遊びに行くドッグランは雑木林に囲まれ、近年宅地化は進んだものの周辺の環境も
素晴らしくまだまだ自然豊かな場所である。

夏は小楢の葉に太陽の日差しが遮られ、走りつかれた犬たちは木陰で疲れを癒す。
28日にも紹介したように蝶たちにも絶好の休憩場所になっているようだ。
ナガサキアゲハ
ナガサキアゲハ♀

その小楢の木にも実が実り始めた。ご存知の通り どんぐり である。
どんぐり
このどんぐり、犬たちにとっては美味しい御馳走のようだ。

冬になると広葉樹の葉は落葉し、木々の枝の間からの木漏れ日は犬たちの絶好の日向ぼっこ
の場所となる。

犬たちの脚の保護のため厚く敷き詰められたウッドチップをかき分けるとコオロギ(♀)の幼生が
慌てて飛び出してきた。まだ羽が生えそろっていない。
こおろぎ
静かに耳を澄ませると秋の虫の声が聞こえる。

一方夏の虫は・・・
かぶと虫(♀)堆積したウッドチップと落葉した葉の豊富な栄養で毎年夏になると、このドッグランでは普通に見られる
カブトムシ

桜の木のあぶらぜみも心なしか元気がないように見える。
あぶらぜみ
今まではうるさいほどの蝉の声も今朝はその鳴き声は聞こえない・・・

ウッドチップで羽を休めるノシメトンボを見つけた。
ノシメトンボ
ちょうど季節の移り変わり・・・もうすぐ秋なんですね・・・


そしてこんなお邪魔虫も見つけた。ヨコヅナサシガメ(横綱刺亀)カメムシの仲間
ヨコズナサシガメ

この昆虫は中国・東南アジアからやってきた外来種で昭和初期に貨物に紛れて九州に上陸したと考えられている。その後北上を続け近年では関東地方でも見られるようになった。
桜、榎、桑などに多く見られる
毎年8月頃に孵化して幼生で越冬し春に羽化をして成虫となる。
幼生は集団で生活し、毛虫などを捕らえてその体液を吸う。

刺亀の名の通り、触ると刺すことがあるので注意が必要である。