奥飛騨ツーリング

10月31日~11月1日に奥飛騨平湯温泉まで一泊ツーリングに行って来ました。

全員集合場所の伊那IC入口近くにあるコンビニを目指して関東組は午前6時45分に関越自動車道
三芳SAに集合します。

関東組のメンバーのはなさんは急な仕事のため、残念ながら参加出来なかったのですが集合場所まで態々バイクで来て下さったのには感激の羽パパであります。あっ!今日はsimaだった!
変換が面倒なので羽パパで通します。

三芳で各々朝食(私目は何時もの天玉蕎麦)を食べて佐久ICを目指します。
はなさんとは川越ICでお別れ・・・はなさん、次回は是非ご一緒しましょう!

佐久ICから152号線大門街道を走り白樺湖へ・・・ここで休憩2009.10.31 001

2009.10.31 002白樺湖といえば何時も賑やかで夏休みなどは周辺の道路も混雑するので通るのを避けていたのですが、観光のピークが過ぎたのかブームが過ぎたのか分かりませんが、
白鳥のボートだけが寂しそうに湖面に浮いていました。

諏訪から杖突峠を走り高遠経由で伊那に到着。


コンビニ駐車場に全員集合したので先ずは腹ごしらえ・・・名物のソースカツ丼でも・・・

2009.10.31 003まこと おあがり亭
長野県上伊那郡南箕輪村8869-1
℡ 0265 76 5500
営業時間 11:30~14:00 17:00~22:30(LO22:00)
定休日 火曜日
ご飯が少なそうに見えますがボリューム満点でカツもソースもさっぱりしていて美味しかった。

さあこれから奥飛騨を目指し出発です。天気は快晴で暑いくらいの日差しの絶好のツーリング日和となりました。

権兵衛トンネルを走り26号線~野麦街道を快走。

2009.10.31 004梓湖 奈川渡ダムで休憩。2009.10.31 005

ここまで来れば宿まではもう直ぐです。安房トンネルを抜け平湯温泉郷に到着しました。

宿を通り過ぎてUターンした時に羽パパ立ちゴケ・・・

皆さんのお力をお借りして無事に宿に到着。めでたし祝

2009.10.31 006山荘 湯乃里
〒506-1433
高山市奥飛騨温泉郷平湯温泉119-1
℡ 0578 89 2629
119番地なんて今日の羽パパにピッタリ過ぎてなんだか怖~いアップロードファイル

折れたミラーを補修するために宿の厨房で割り箸を拝借・・・一膳でよかったのですが何故か二膳下さったのは予備?なんとなく不吉ぶるぶる

テープをお借りして・・・2009.10.31 007 グルグル補修。
ブレーキレバーの芸術的なR曲線2009.10.31 008 美しい・・・でも握り辛い!

これでようやく温泉に浸かれます。みなさんご心配おかけしました。

2009.10.31 009檜の内風呂 泉質は鉄分泉・イオウ泉なので鉄分が酸化してお湯は赤褐色をしています。

だから・・・

2009.10.31 010修正はいりませんが念のため・・・
温泉効能は・・・神経痛・リウマチ・婦人病など (源泉が高温のため加水有り)

身体がポカポカと温まったところで楽しい夕食。飛騨牛ステーキコース

2009.10.31 011焼き過ぎないコト!2009.10.31 012脂がさっぱりで美味。

日頃の酒量を極端に減らしている羽パパさんは、すっかりほろ酔い気分・・・

食後の部屋での飲み会ミーティングに参加出来ずにダウン・・・ZZZであります。

前日に寝たのは多分7時半頃・・・翌朝のお目覚めは5時半ですねぇ。よく寝た!

朝風呂を楽しみ朝の散歩・・・天気予報では雨の予報でしたが青空も見え、一安心です。

2009.11.1 013平湯神社 元々は天照大神を主祭神とする「神明神社」であったのですが、昭和55年(1980)に平湯温泉の「白猿伝説」により白猿を合祀し、
平湯神社と改称したそうです。
毎年10月1日の例祭の他、5月15日に湯花まつり、絵馬祭り。
8月10日~20日には平湯猿満夏祭りが行われるそうです。

2009.11.1 014平湯民俗館 ℡ 0578 89 3030 
江戸時代中期に建てられた木造茅葺の民家を再生した資料館。館内にはこの地域で実際に使われていた古農具や衣服のほか、円空仏などが展示されています。
入館者は併設の露天風呂「平湯の湯」も無料で利用出来るそうです。
営業時間 (冬)8:00~17:00 (夏)6:00~20:00 ※要問合せ 休日:無休 料金:無料(志納)

お腹も空いたところで朝食・・・

2009.11.1 015ズラリ! 隠れていますが虹鱒の甘露煮、尾頭付きです。

朴葉味噌が食欲をそそり朝から満腹・・・2009.11.1 016

記念の集合写真を撮影した後、現地解散・・・羽パパ達のバイク4台は下諏訪に向かいます。
悪天候を予想してヘルメットのシールドをクリアにしたので日差しは眩しく感じますが、山々を彩る紅葉はとても美しく目に映ります。

ブレーキが握り辛い・・・後輪のブレーキペダルが無いぞ!内側に曲がってた・・・踏めない。

そして4台のバイクが到着したのは・・・

2009.11.1 017うなぎ 小林 下諏訪店
諏訪郡下諏訪町湖畔町南6153-11
℡ 0266 28 7008
営業時間 11:00~14:00 17:00~20:00 ランチ営業 日曜営業
定休日 月曜日・第三火曜日
この店の感心するところは待ち客への心遣いである。普通、有名店は営業時間まで頑なに客を
店内に招き入れないという伝統らしいのだが、この店は快く「どうぞ」と招き入れてくれるのである。
常識外れの早い時間はお店にも迷惑な話しだろうが、今日も開店十数分前に店を開けてくれた。
その細かい心遣いが鰻の味にも繁栄しているのだろう。

羽パパは何時もの定番「得々重」をお願いした。同行のみなさんも其々に注文する。

時間の掛かる筈の得々重一番乗り!2009.11.1 018何時見ても素晴らしい!

大き目の鰻の身はとても柔らかく、丁度良い塩梅に焦げた鰻の皮の香りが香ばしく食欲をそそる。

満腹になったところで羽パパはみんなと別れて諏訪ICから帰ることに・・・

yasuさんのグループ3名はビーナスラインから佐久ICへ向かうそうです。

本当は一緒に走りたかったのですがブレーキ操作が不安でしたのでごめんなさいです。

羽パパは羽ママへのお土産2009.11.1 019を買って中央自動車道諏訪ICを12時12分に乗り、渋滞の全く無い中央道から圏央道を使い14時20分に帰宅。


やっちまったね~ 大型ライダーの羽ママがバイクの傷を見て冷やかします。
 
彼も理解していたのでしょうか?プルーム

プルームがバイクの傷をペロペロと舐めだした時は泣かされました・・・

みなさんどうもありがとうございました。是非是非また誘ってやって下さい。

羽パパ号VFRは、これからモトクラッチにドナドナされて行きます。





 














スポンサーサイト

ちょっと鰻屋まで・・・

9月13日 (日)

おはようございます。中央自動車道混みますかねぇ・・・そんな朝の挨拶を交わしバイクを走らせる。

今日はバイク仲間のyasuさんと小淵沢にある鰻屋「井筒屋」に行く約束の日である。
先月、8月21日の飲み会で約束を交わし9月12日(土)に決めたのだが、昨日は生憎の空模様のため今日に延期となったのである。

10時30分頃に目的地に到着するように8時出発の予定にしたが、渋滞を懸念して30分繰り上げて
7時30分に予定通りyasuさんのバイク小屋をスタートした。

yasuさんとのツーリングは6月20日の群馬以来である。

青梅ICから圏央道に乗り八王子JCTまでは快走・・・「合流から相模湖までは覚悟だね」
無線でそんな会話をしたのだが・・・「流れてますよ・・・」再び交信。

出発から相模湖通過までが40分、大月通過が60分と想定外の流れの良さにかえって困惑。

「とにかく渋滞前に大月を通過しちゃいましょう」渋滞は何処へやら?

来週のシルバーウィークに備えて世間ではお遊びを控えているようである。

初狩SAで休憩(8:50)です。2009.9.13 001若干雲は多めですが美しい富士山を眺めます。ここからのんびり走っても1時間足らずで小淵沢に着いてしまいますが・・・
食いしん坊二人は時間調整もせずバイクを走らせます。笹子トンネルを抜けると眩しいほどの青空が私たちおじさん二人を迎え入れてくれました。

2009.9.13 003案の定、井筒屋到着は9時56分・・・もちろん、まだ暖簾も出ていないし 一番乗り!
営業時間は2009.9.13 004なので当然と言えば当然である。2009.9.13 006駐車場にバイクを止めて1時間余りをのんびりと待つことにする。 (写真左:羽パパ号・右:yasuさん号)

これから起こる楽しい出来事を思い浮かべ、ただひたすら待つyasuさん2009913.jpg

2009.9.13 009気温18度、まだまだ高原の日差しは強いながらも乾燥した爽やかな秋風が心地よい。のんびりとした時間が過ぎ、開店時間となった。

前回、羽ママと鰻を食べに来た時は、予約客と順番待ちの客でごった返していたのであるが、
今日は律儀にも店頭のベンチで開店を待っていた羽パパとyasuさんのおじさんコンビと、車内で
賑やかに開店を待っていた若者3名のみである。
「予約のお客様も居りませんので、どうぞ」あっさり店内に案内された。待ったのがバカみたい・・・

羽パパは来店二回目であるが、二回とも一番乗り~!

店内は落ち着いた雰囲気で2009.9.13 015前回と同じ席に通される。

2009.9.13 001ガラス越しに庭が見える小部屋で池には錦鯉が泳いでいた。秋風に揺れて鳴る風鈴の音は物悲しささえ感じる。

店内は禁煙でここが喫煙席2009.9.13 016薄暗い独房で煙草を吸う2009.9.13 017
yasuさんはこの部屋に二回ほど出張した。

羽パパが今日、注文したのは特上うな丼ご飯大盛り。yasuさんはかめ塩のうなぎ蒲焼の上である。30分ほど待つと・・・

2009.9.13 022特上うな丼が運ばれる。それでは丼の蓋を開けてみましょうOPEN

2009.9.13 023白焼きはわさび醤油でいただく。
一見青海苔のようだが、この店の山椒は緑色をしていて香りはとても強い2009.9.13 021

白焼きはとても良く蒸されていて鰻もホクホクとして柔らかいのだが、その分小骨が目立ちアンチ小骨派の羽パパとしては食べずらい。その印象は前回よりも強く感じた。
蒲焼も白焼きと同じような食感であるが小骨は硬く、口の中に違和感を感じる。うな丼のご飯には
たれがかかっていない。テーブルには醤油差しに入ったたれが用意されていて、「たれが少なく感じる方はご自由にどうぞ」との親切心だろうが、冷たいたれをご飯にかけさせるのは俗(やぼ)と言うものである。それともう一つこの店の鰻を食べて感じたことは、鰻屋さんの店頭を歩いた時のようないい匂いが無いのである。蒲焼の皮に焦げがないので鰻のたれの焦げた香ばしさが感じられないのはちょっと残念。うな丼の蓋を開けた時に、湯気と一緒に漂う鰻の香りはファンにとって一番の楽しみの筈なのだが、それを感じることは出来なかった。

誘っていながら申し訳ないのだが・・・「下諏訪の こばやし の方が数段上ですかね」と羽パパ
yasuさん黙って頷く。

羽パパたちが店を出る時には客席は満席、店内には十数名の待ち客の姿もあった。

バイクで八ヶ岳高原ラインを走り、短時間ではありますが高原の風を満喫して須玉ICから帰路、
青梅ICを目指します。渋滞も無く帰りも初狩SAで休憩。

今までは気温20度前後の高原にいたのだが、ここまで来ると気温も上昇2009.9.13 026
外気温27度でノズル先端から超微細な霧状水滴を噴霧し、水滴の気化熱を利用した外気冷却システム ドライミスト。体感温度は2~3度下がるという。
そのほとんどが風に流されて屋外で肉まんを売るお嬢さんに集中していた。計算されている!

初狩SAのお土産物売場をウロウロしていると、羽パパは気になる物を発見!

2009.9.13 027吉田のうどん富士宮やきそばのカップ麺

2009.9.13 028地域限定巨峰どら焼きと、同じく地域限定桃どら焼き

留守番しながらムックをシャンプーしている羽ママへのお土産にした。

中野トンネル手前でのお約束の渋滞の5Km10分をすり抜けて圏央道に突入スピードで合流!
しかしながら羽パパ、圏央道では大人しい・・・

来月、次回は沼田でとんかつか新潟で蕎麦だね!・・・月末に仕事で新潟に出張する羽パパは
下見も兼ねて美味い蕎麦屋を探す任務に就く。責任重大!そんな約束をして途中でyasuさんと別れ、4時前には帰宅した。走行距離332.3キロ・・・結構頑張ったじゃない・・・




バイクのエンジンを止め、キーを抜く・・・ただいま

2009.9.13 007シャンプーも終わり、不器用な羽ママに嫌々カットをされているムックが助けを求めるように羽パパを出迎えてくれた。
ムックちん可愛くなったね!来月小淵沢に行く時は一緒だからね2009.9.13 006
来月の八ヶ岳旅行に備え、準備万端のムックの笑顔を見てホッとした羽パパでした。


























  




久しぶりのGo!Go!~羽パパ編

8月23日(日)

昨日は休前日というのに禁酒日の羽パパさんは珍しく清々しい休日の朝を迎えた。

プルームの散歩の後に「バイクでも乗るか・・・」

そんな気分にさせたのは今朝の乾燥した爽やかな天気と、一昨日の夕方にyasuさんと
一杯飲みながらのこんな会話からである。


yasuさんは延べ10日間で走行距離3000キロ以上の単独ツーリングを終えたばかりである。
今年は下関から海岸線を走り無事にツーリングから帰ったのであるが、台風や地震による
道路通行止めなどで大変な苦労があったようだ。

でも流石、羽パパと仲良しだけあって美味いものはしっかり喰って帰って来たらしい・・・
頃合いを見はからってそんな苦労やグルメの土産話などを聞かせてもらおうと飲み会に
誘ったのである。

メンバーはyasuさん、ドゥカティ倉さん、ドラスタ大ちゃん、と羽パパ・・・その他1名(失礼)
若者たちの食欲に圧倒されながら静かに焼酎の水割りを飲む羽パパはyasuさんとこんな
約束をしたのである。

井筒屋の鰻食いに行きませんか? 

yasuさんの疲れが取れた頃に・・・と計画していたのですが、意外に元気なyasuさんは
小淵沢ならばと快諾してくれたのです。

まあ食いしん坊の性格としては断る方が苦痛なのは分かりますけど・・・

題して「かめ塩の鰻を食らう日帰りツーリング」の日時まで簡単に決まってしまったのです。

yasuさん:何時にしますか?

羽パパ:来月早々にメタボ検診で胃カメラを飲むのでその後でお願いします。


こうして来月早々のツーリングの日取りも決まり、飲み会はお開き・・・

6月のyasuナビツーリング以来、バイクには乗っていない羽パパ・・・
もう2カ月以上になる・・・バイク動くのかなぁ・・・ちょっと心配。

こんな経緯でバイクに乗る気になってしまったのです。
土曜日の朝は飲み過ぎで意識朦朧の羽パパでしたが前記の通り日曜日の朝は体調万全で
迎えたのでありました。

まあ「バイクに乗る」と言ってもエンジンが温まる程度にバイクの調子を確認しながら
近隣をウロウロするだけですが、これでも結構楽しいものです。

先ずはバリオスⅡから・・・オイル漏れなど無い事を確認してからエンジン点火!
お~一発で掛かったぞ!バイクがちゃんと止まるかブレーキの確認をして
羽パパのトレーニングコースを走ります。

まだ7時前というのに西武園プールの駐車場入り口には開園待ちの車が1台停まっています。
狭山湖公園の横の上りワインディングを楽しみ、最後に463号で回転を上げて狭い路地の住宅地で低速運転の練習をして僅か30分ほどで終了!

何故か?って羽ママにW650も乗るように頼まれているのです。

羽パパの普段のメンテナンスのお陰でW650はピッカピカで、一発始動!
トルクが強いのでチョークを上げてスタートするとグングン走ってしまうのでちょっと怖い・・・
全く同じコースを走ります。
プールの開園待ちの車が5台になりました。
羽ママの大切なバイクを慎重に運転します・・・羽ママはなんでこのバイクが好きなんだろう?
遅い、重い、止まらないの三拍子揃ったバイクは羽パパはあまり好きではない。
シートから伝わる振動も好きではない。・・・羽ママは鼓動と言うが羽パパには振動にしか
感じない。エンジンも熱い!

意見が二分されるバイクだけあり、熱烈なファンも多いのがW650なのかもしれない・・・

羽パパの友人のW650ファンは熱くなったW650のエンジンチリチリ音がたまらなく好きだと言う。

W650でのんびり走ると確かに見える風景も違ってくる・・・バイクとの一体感すら感じるのは
不思議でもある。 確かにハイテクマシンと違い、共に苦労したくなるバイクかもしれない・・・

W650でのんびり走っていると463号手前で「ひまわり畑」なる案内板を見つけた。

今度行って見よう・・・その機会は直ぐに訪れる。


お次は羽パパの愛車VFR800の順番である。

バッキュ~~~ン!相変わらず絶好調であた。
西武園プールの開園待ちの車は更に増えていたが台数は数えていない。
視野が狭まっているのだろう。

朝の静かな住宅街をゆっくり走り、ひまわり畑に寄ってみた。実際にはもっと広い。

2009 008

ひまわり畑ではとんぼが気持ちよさそうに滑空していた。もうすっかり秋の気配・・・
朝晩の涼さにバイク乗り達はツーリングシーズンの到来を感じる。

口内炎も治ったしカツ丼でも食べに行こうかな? 羽パパのツーリングは「食う」がテーマ。

こうして明日、26日水曜日に創業明治40年のカツ丼を食いに行くことになったのです。

どうか仕事が入りませんように・・・


注西武園周辺は「バイク新入禁止」の道路がありますので注意して下さいね・・・






yasuナビツーリング

6月20日(土)

金曜日の夕方6時ごろバイク仲間のyasuさんにこんなメールを送信した。

羽パパ:明日はどこかにお出かけですか?・・・

するとyasuさんから返信があり

yasuさん:明日は長野の峠を走って見ようかと思っていましたが何か他に良いことがあれば乗りますよ。

その後数回のメールの交信をして、何か他に良いことも無い羽パパはyasuさんに付いて行くことにしたのである。
簡単なコース説明メールも送られてきたがチンプンカンプンで、普段は欠かさない美味しいお店検索もせず、朝7時に集合場所に向いました。

曇り空ですが雨の心配は無さそうなので、のんびり走りましょう。
yasuさんの予定では今日の走行距離は300キロ位とのこと?まあyasuさんのことなので、
話半分?いや話数倍で覚悟しておきましょう。

このyasuさん、単独日帰りツーリングで1日800キロを走行してしまう兵で、羽パパのツーリング仲間には、yasuさんに誘われるのを恐れているライダーすらいるのです。(ドゥカティ倉など)

今日はB+COMの通信テストも兼ねてのツーリングなのでお互いに電源を入れ会話を楽しみながらまずは給油のためスタンドへ・・・
B+COM感度良好!セルフスタンドの音声ガイダンスまで音声を拾います。
関越所沢ICに向う道中でもyasuさんのバイクのエンジン音や信号待ちの間、すれ違う車両の風切音まで鮮明に聞こえます。こりゃあうっかり悪口も言えないな・・・

今日は日差しも出て暑くなる予報なので羽パパはメッシュのジャケットに下は半そでのTシャツを着ていますが、メッシュ越しの風は心地よく感じます。久しぶりに穿いた皮パンと皮ブーツはライディングフォームをサポートし、そのフィット感から安心感を与えられます。気温22度で2台のバイクは関越自動車道を快走します。

走行車両は多いものの渋滞も無く快調に走りますが、やはり危ない車も多い。一番驚いたのが、
三芳SAから本線合流する時に一時停止した車がいたこと!
後ろの車は慌てて急ブレーキを掛け事故には至らなかったが驚いたことだろう。流れに乗って合流
出来ない車両が相変わらず多いのには改めて驚かされる。

上里での休憩では2009.6.20 001羽パパは「かき揚げ蕎麦」を食べる。

SAの食堂は盛況で人も多く、短気な人なのか忙しいのか、人の間を無理に追い越して歩く人が
ちらほら・・・たまたま羽パパもそのようなオジサンに遭遇した。
羽パパの肘にいきなりぶつかって来たのである。その瞬間、オジサンは「グッ」と鈍い音を出した。
「すみません」羽パパは痛くもないし、別に悪くもないのだが、とりあえずお詫びする。
そのまま、オジサンは行ってしまったが痛かっただろうなぁ・・・羽パパのライダージャケットの
肘パットが鳩尾に入ってしまったようだ。
羽パパが痛くない訳の種明かしは肘パット。みなさんもバイク乗りの肘には要注意して下さい。

休憩後、更に北上を続けます。

藤岡JCTから上信越自動車道に入ると、気温に変化を感じます。今まで20度あった気温が
徐々に下がりはじめたのです。メッシュで快適ツーリングが妙義山に近付くにつれ・・・
下仁田では18度、松井田妙義では16度、碓氷軽井沢では15度まで下がり、メッシュグローブの
羽パパはグリップヒーターにスイッチを入れます。まるで雲の中を走っているようでヘルメットの
シールドに水滴が付着し前方視界も悪くなります。凍えながら八風山トンネルと抜けるとようやく
雲の切れ間から青空が見え始め、気温も上がり始めて一安心。

山の天気は分からないですね・・・そう言えば今月上旬にわんパラに行った時も、明け方に
ストーブに火を付けたのを思い出しました。

東部湯の丸SAで休憩後、坂城ICで高速道路とはお別れし一般道へ・・・

ここからはyasuさんに道案内をお任せしましょう。yasuナビさん、よろしくお願いします。

これから18号線を走り坂城大橋を渡り、室賀峠に向います。が・・・yasuナビ調子が悪い。

yasuナビのルート再検索時には路肩にバイクを停め、地図を見るために眼鏡(老眼鏡)を
掛けなくてはなりません。

結局、道に迷うこと2回・・・室賀峠に無事に辿り着き峠越え・・・ところが・・・
yasuさん今日は運が悪い・・・次なる峠は全面通行止めでありました。

室賀温泉から真田に抜ける273号線ですが、地図をよく見ると×印になっていました。
今日のyasuさんは道に運が無い。行くところ通行止めが二か所もあった。
最後に止めを刺されることになるのですが・・・

その後は羽パパ、何処を走ったのか定かではありません。多分、こんなルートではないかと・・・


室賀峠を抜け143号線松本街道を走り青木峠を松本方面へ・・・

松本トンネル手前を左折して254号線に合流し三才山トンネルを抜け、鹿教湯温泉街、

丸子温泉郷を通り荻窪を左折、平井寺トンネルを抜けて生島足島神社で休憩。

2009.6.20 003創建の年代については明らかではありませんが
神代の昔、建御名方富命(たけみなかたとみのみこと)が諏訪の地に下降する途すがら、
この地にお留まりになり、二柱の大神に奉仕し米粥を煮て献ぜられたと伝えられ、その故事は
今も御籠祭という神事に伝えられているそうです。

2009.6.20 006御神木「夫婦欅」2009.6.20 009樹齢は推定800年~1100年

こちらにも欅の巨木が・・・2009.6.20 007木の幹の中は朽ちてしまい形はセロリのようですが、沢山の葉を茂らせていました。

神社を出て上田駅に向います。上田の飯島商店までyasuさんに案内してもらい「みすず飴」を羽ママにお土産に買いこみます。
バッグに飴を詰め込み上田菅平ICから上信越自動車道で所沢に向います。

yasuさんと「横川SAで釜めしでも食べてのんびり帰りましょう」と予定していましたが、高速入り口に「佐久~碓氷軽井沢 事故通行止め」の表示。yasuさん本当に今日は道に運が無い!

とりあえず佐久ICまで走りますがIC前は高速を出る車で大渋滞です。車と車のスペースを上手に
利用しながら安全に料金所を通過し佐久のおぎのやで食事にします。

羽パパは2009.6.20 017ソースミニカツ丼としょうゆラーメンのセットを食べました。釜めし食べればよかったのに!

今日のyasuさんは道に運が無く、羽パパは美味しいものに運が無い!こんな感想でした。

何時解除されるかも分からないので、下仁田まで一般道で帰ろうとした矢先に「通行止め解除」の
声が聞こえます。これだけはラッキーでしたね!yasuさん!

yasuさんと三芳SAで別れ無事に帰宅しました。走行距離は478キロでした。

yasuさんお疲れ様でした。yasuナビ御苦労さまでした。

今日走った周辺の大盛りの店を検索した結果、3件のお店をリストアップしました。
小諸の手打ち蕎麦「早苗」、東部湯の丸の18BAN、上田菅平の林檎の木であります。

次回は事前調査しておきますね。また誘ってやってくださいな・・・























醤油王国 again

4月29日(水)
今朝は妙に早起きしてしまった羽パパ、朝6時にプルームと八国山を散歩する。
新緑の里山の朝の空気はりんやりと涼しく、清涼感をたっぷり浴びてプルちゃんも楽しそうに
歩いています。

すれ違う人たちとの挨拶も清々しい気分で交わし、早起き鳥たちの美しい歌声を聴きながら
楽しく歩きます。ふと気が付くと小鳥たちの囀りも冬鳥はすでに渡り、夏鳥の季節になったようで
美しい声は聞こえますが、新緑に芽生えた木々の葉に妨げられ、その姿を探すのは難しいようです。

約1時間30分の散歩を終え、プルちゃんは朝ご飯を美味しそうに食べる。
ちょっとは満足してくれたようだ。これから羽パパ&ママの楽しい時間の始まりです。

午前9時30分にyasuさんとR463沿いのGS内コーヒーショップで待合せしているのです。
もちろんバイクで!今日は羽ママ、yasuさん、羽パパの3台のバイクでミニミニツーリングを
計画していたのです。
大型自動二輪の免許を持ちながら、わんこの介護でなかなか一緒にツーリング出来なかった
羽ママ。今でもムックとプルームがお留守番になるので二人での長距離ツーリングは困難ですが
6時間程度のミニツーリングならば二人で行けるようになりました。
今日は自称お邪魔虫のyasuさんも同行して下さり、楽しいミニツーリングを計画しました。
行き先はもちろん!羽ママの行きたい場所!それではyasuさんお供お願いしますね!

先ず待合せ場所に向かいます。場所はドトールショップモービル狭山ヶ丘21店です。
約束の時間に遅れることなく無事に到着。羽ママ号は給油します。

yasuさんも到着しのんびりコーヒータイムIMG_2601.jpg羽ママ号 お店入り口に横付けしちゃいます。

ここまでの道程で「今日は乗れてるぜ!」と確信した羽パパですが、信号待ちなどの停車中に
ふらふら安定感がイマイチ。プルームと歩き過ぎが原因と気付く。
この先不安・・・すでに足腰ガタガタの様相である。

食いしん坊の羽パパ、早速IMG_2599.jpgホットドッグを頬張る。
他の2名はこの後の行程を考え自粛。ドリンクだけ・・・で我慢したようです。

というのは・・・待合せ場所を出発し走ること数十分で着いた場所が2009.4.29 007

2009.4.29 004羽ママの最初のリクエストは「醤油王国のたまごかけごはん」が食べたいだったのです。お~なんてお優しい!羽パパは「ステーキが食べたい!」とか言われそうで内心ドキドキしていたのだ。お安いご用である。

改めて紹介すると、ここは弓削田醤油の工場。しぼりたての醤油や自家製の味噌、様々な
加工品も販売している。もちろん自家生産の無添加食品が中心である。
その中に軽食コーナーがあり、しぼりたての醤油を味わえる食事として「たまごかけごはん」が
メニューとしてあるのだ。

希望者は工場見学も出来る。2009.4.29 008醤油樽や2009.4.29 009仕込みの様子など1時間毎に場内を案内しているようだ。

おいしい醤油の味を堪能するには他の食材も疎かには出来ない。
お米は炊きたて、たまごも地元の養鶏所と契約しつねに新鮮なものを提供しているわけだ。

ごらんの通り食べ方レシピも2009.4.29 011羽パパは2回目の訪問なのでちょっと余裕。
他の二人より素人っぽさが無く優越感も味わう。

「たまごかけごはん3つ下さい」暫くすると2009.4.29 014壮観!素晴らしい眺め!

2009.4.29 013黄色のキャップはたまかけ醤油、赤いキャップは今朝のしぼりたて醤油。

このように軽食コーナーでは醤油しぼりも体験出来る。2009.4.29 022手前の棒に体重を掛けると
2009.4.29 010このように醤油がしぼりだされる。この醤油が赤キャップの瓶に入っていて、大豆の香りが食欲をそそる。

2009.4.29 015醤油をかけてご飯を食べ2009.4.29 017こんもり卵を溶いてご飯に掛けていただきます。
2009.4.29 018たまかけごはんごちそうさまでした。

さてお次はサイドメニュー2009.4.29 012醤油プリンを注文します。お昼近くになり店内も混んできました。ほとんどの方が「たまごかけごはん」を注文しています。

プリンを待つ間の羽ママは・・・2009.4.29 019たまごかけごはんの食べ方による性格占いに夢中!妙に納得していました。

2009.4.29 020醤油プリン 2009.4.29 021美味しそう!あっと言う間に
「ごちそうさまでした。」

1階のお土産コーナーで買い物を楽しんだ後、場内を散策すると「湧き水」の案内表示がある。

「わさびが自生し沢蟹が生息しれいる」と案内されている。2009.4.29 025水量は少ないが

水辺にはトンボが羽を休めていました。2009.4.29 026
さて一行は次なる目的地を目指します。バイクに跨りしゅっぱ~つ!日高市から毛呂方面に
バイクを走らせますが、またもや数分で到着です。

ここは酒蔵2009.4.29 029麻原酒造 羽パパの好きな梅酒ワインの製造元です。
梅酒ワイン(赤)と風呂あがりの一杯梅酒を買ってバイクのバッグに詰め込みます。

羽パパのバッグには保冷材入りの容器が入っているので、今日のように暑い日でも安心です。

麻原酒造を後にしてからは、yasuさんが道案内役になり、豆腐製造元にバイクを走らせます。

越生梅林方面にバイクを走らせ2009.4.29 031ふじや食品に着きました。

yasuさんと羽ママがお豆腐を買っている間に羽パパは2009.4.29 032豆腐プリンを食べます。クリーミーで大豆香りがとても爽やかで美味しかった!もちろん、羽ママにも買ってあげましたよ!プリンが苦手な羽ママ、今日は2種目制覇です。

お豆腐はyasuさんのバイクに積んでもらいました。スチロール製の箱にお豆腐が入っているようです。
2009.4.29 033なんだかバイク便のみたいに見えませんか?

次なる羽ママのリクエストは「美味しいお蕎麦が食べたい」
それならば櫟庵!でも今日は水曜日でお休みかな?電話をして確認してみましょう。
時間は12時15分。営業していれば一番忙しい時間です。申し訳ない気持ちでコールすると・・・
櫟庵さん応答有り!忙しいのに申し訳ない気持ちから、従兄弟に羽パパと悟られないように
何故か声色を使ってしまう変な羽パパ。それでは櫟庵に急ぎましょう!

今度は飯能方面にバイクを走らせ、天覧山を抜けて飯能河原にある櫟庵に到着しました。

日差しも強く暑いくらいです。2009.4.29 034木陰にバイクを停めて階段を下りると

2009.4.29 035櫟庵です。2009.4.29 036運良く囲炉裏の席に先客さんと相席させていただけました。お店は大変な盛況ぶりで、待ちのお客様も多くいらっしゃいます。

ここは羽パパの親戚が営む店、従兄弟の秀ちゃんも大忙しで厨房で切り盛りしています。

それなのにすみません・・・2009.4.29 038お心遣い感謝します。そばがきをご馳走になってしまいました。
羽ママは2009.4.29 040天ざる蕎麦 yasuさんと羽パパは2009.4.29 039もりそばを美味しくいただきました。羽ママも美味しい美味しいを繰り返しながら食べていました。
本当に美味しい!人気の高さは納得できます。

お腹も一杯になり、そろそろムックとプルームが待つ家に帰ることにしましょう。
途中でyasuさんと別れ、羽パパ&ママは無事に帰宅。

犬の散歩中も「今日はたのしかったなぁ~」そう言ってくれました。
「結構、乗れてるから何処に行っても平気だよ!」羽パパの言葉にちょっと嬉しそうな笑顔。

アドニスがいなくなり寂しい思いもしましたが、こんな楽しい時間も持てるようになったのです。
ムックもドッグランでプルームと第二の青春を満喫しています。
「また行こうな!」羽パパの誘いに「うん!」 よ~し、次は峠を攻めるぞ!(羽パパ)

今晩の夕食は豚しゃぶと2009.4.29 043豆腐に辛口おなめに野菜スティック。

楽しい話題にお酒も進みます。
「今日はホントに楽しかった。アリガトネ」羽ママのこんな言葉に何だか嬉しい羽パパでした。

でも、夜の散歩の時はプルームの体力に比べ、羽パパクタクタ。これからバイクに乗る前は
犬の散歩はホドホドにしましょうね!羽パパさん・・・もう幾つ寝ると五十だよ・・・

yasuさんも1日お付き合いありがとうございました。