今年のこの日

4月3日 (月)

先代ボルゾイアドニスに教育されて、その教えを忠実に守ってリーダーの風格を漂わす
プルーム・・・

新しい犬が家族としてやって来ると、一番若い犬が教育係になる・・・

なので羽家にはプルームに教育されたボルゾイなノーフォークテリアのマニッシュ・・・
ノーフォークなボルゾイのパナシュ・・・
ボルゾイなイングリッシュスプリンガースパニエルのクランプ・・・
スプリンガーなボルゾイのジャスティスが暮らしています・・・

伝言ゲームのようにアドニスの教えは途中でチンプンカンプンになってしまったようです・・・

DSCF0016_201704031056002ce.jpg
今日で先代ボルゾイのアドニスが逝ってしまってから8年・・・

朝からにぎやかに庭を走り回る後輩たちを空から眺めて笑っていることでしょう・・・


スポンサーサイト

枝垂桜咲くころ

4月3日 (日)

この枝垂桜が咲くと先代ボルゾイのアドニスを思い出す・・・

2016.4.3 001

アドニスが逝ってしまってから今日で7年が経つ・・・

7年前の3月31日・・・そう、彼が逝く3日前に遠い群馬から彼を見舞ってくれた友人・・・

その時も桜が満開だった・・・その時、友人のボルゾイも闘病中だった

今では空の上から二頭で仲良く後輩たちを見守っているのだろう・・・





あれから6年・・・七回忌

4月3日 (金)

今日で先代ボルゾイのアドニスが逝ってから6年が経った・・・七回忌

DSCF0016_20150402143614c0b.jpg

忘れられないのではないけど忘れない犬・・・アドニスは羽パパにとってそんな犬



今日で5年が経ちました~

4月3日 (木)

今日で先代ボルゾイのアドニスが逝ってから5年が経ちました・・・

13歳の誕生日を迎えた翌日から下半身が麻痺して全く歩くことが出来なくなったアドニス・・・

この写真は寝たきりになってから6ヶ月が過ぎた頃の写真です

P2250021_2014040318325517d.jpg

寝たきりになった頃のアドニスは、プルームやムックが散歩に行って自分だけが部屋に取り残されてしまうと、悲しい声で追い鳴きをしていました・・・なぜ僕だけ散歩に行けないの?

状況が理解できていなかったのです・・・

ところがこの頃になると寝たきりを楽しんでいるように見えました・・・

首をヒョイと振ると・・・水が飲みたいサイン

様々なサインと表情の変化で犬との本当の生活、会話が完成したように感じられました

彼は寝たきりになっても悲観せずにいつも明るい表情でした・・・

寝たきりでも新入りボルゾイのプルームの首を咥えて躾けもしてくれたのです・・・

これからさらに12ヶ月もの寝たきり生活を経験することになったのですが、今でも彼には
本当に感謝しています

彼は羽パパ&ママに犬を飼うということの全てを教えてくれた気がします




今日で4年が経ちました~

4月3日 (水)

プルームとパナシュの先輩ボルゾイのアドニスが逝ってから今日で4年が経った


誰だ?バイクにおしっこかけたの・・・と、羽パパが言うといたずらな笑顔で振り向く・・・

アドニス

懐かしい一枚の写真・・・